ライフデリの独立開業が低リスクな理由

フランチャイズWEBリポート運営部 |2018.12.18
ライフデリの仕事のイメージ

高齢化社会が深刻化するにつれ、日常生活に何らかの支障をきたすなど足腰が悪く買い物に行くことができない、食の制限に対応できないといった日々の『食』に悩みを抱える高齢者が増加しています。そこで注目されているのが、高齢者向けの配食サービス。栄養バランスのとれた美味しいお弁当を自宅まで届けてくれるということで、年々ニーズが高まっています。

今回紹介するライフデリは、そんな高齢者配食サービス市場で急成長しているフランチャイズ本部です。ここでは、ライフデリのフランチャイズが独立開業で選ばれる理由を解説します。

開業資金を抑えられる

加盟金・保証金ゼロで初期投資を抑えられる

フランチャイズで独立したいと考えていても、いざ契約となると高額な加盟金や保証金などが必要になり二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。ライフデリなら、加盟金も保証金が0円なので、初期投資を限りなく抑えて開業することが可能です。

物件取得費用も抑えられる

ライフデリのお弁当は、店舗で調理をおこなうのではなく工場から届く、完全調理された食材の保管と盛り付けのみなので、7~10坪程度の物件があれば開業できます。店舗を借りての開業はもちろん、自宅や既存店舗の空きスペースを利用して開業することも可能です。また、店舗を借りる場合ででも、物件の立地によりますが、居ぬき物件を利用すればさらに開業資金を抑えて事業を始められます。

本部からの融資サポートで安心

また、開業資金や運転資金が足りないという場合は、本部から融資を受けることもできます。契約後にオーナーの状況を審査し、それに応じて融資額が決定されるので、何が何でも独立・開業したいという方は大いなるサポートを受けられるでしょう。

ロイヤリティゼロで頑張りがそのまま稼ぎに反映

売上に応じたロイヤリティはなく、毎月本部に支払うのは、会費の30,000円と顧客管理システムの使用料18,000円のみ。売上を伸ばせば伸ばすほど大きな利益を手に入れることができます。このような制度を導入できているのも、本部の無駄を徹底的に省いているからこそ。もちろん、ロイヤリティがゼロだからといって、その分仕入れの原価が高くなるという心配もありません。

エリア制だから加盟店同士で顧客の奪い合いがない

ライフデリの加盟エリアは保護されており、独占契約となります。本部が利益を優先するあまり、既存のフランチャイズ加盟店の隣に本部直営店や新たなフランチャイズ加盟店を出店し顧客を奪いあうというケースがありますが、ライフデリではそのような懸念がないのです。そのため、安心してしっかりと店舗運営に専念することができます。

出店は基本的に行政地区単位(市区町村単位)となるため、地元に密着して顧客と深い信頼関係を築き上げることが可能になります。ライフデリの顧客は一般家庭から介護施設、病院、行政機関まで幅広いため、1行政区域に1店舗という出店形式が最も利便性が高いという判断から、独占契約というシステムになっています。

独立・開業後に同じ系列店同士で競争する必要がないため、競合他社やサービスにいかに打ち勝つかという点だけを考えることができるでしょう。そのため、加盟店同士での成功事例の共有や、有効な戦略を立てて売上を伸ばしていくことも可能になるはずです。

営業が苦手の人でも顧客獲得できる

苦手な訪問営業は不要

新規顧客開拓のために、住宅街を1軒1軒回って営業活動をしなければならないのではと不安に思う方もいるでしょう。しかし、ライフデリでは訪問販売のような苦しい営業活動は不要です。営業活動の基本は、地域の行政やケアマネージャー、病院、その他介護施設から新しい顧客候補を紹介してもらうためにおこなうあいさつ回りとなっています。

そのため、新規顧客開拓のために時間を割く必要がありません。地域との関係づくりを大切にし、安定したサービスを提供して信頼をしてもらうことこそが、売上を伸ばすための最も重要なことなのです。

飲食店などのように集客に販促費がかかりにくい

また、一般的な配食サービスはチラシやクーポンなどといった高額な販促費が必要になるケースがあります。しかしライフデリなら、本部の指導のもと施設や行政の窓口、病院などへのあいさつ周りの際に、パンフレットを配ったりすることで安定した売上をあげることができるため、高額な販促費もとくに必要ありません。

ライフデリなら開業費用を抑えられる

少子高齢化が加速する日本では、高齢者ビジネスの市場が拡大しており、なかでも高齢者向けの配食サービスの需要は今後さらに伸びていくでしょう。なかでも加盟店の発展を第一に考えているライフデリなら、加盟金・保証金・ロイヤリティゼロと低リスクで開業することができます。また、顧客獲得のための営業は、介護施設や病院、行政などにあいさつまわりを行うことが中心で、加盟契約に関してはエリア制を導入しているため、地域密着の店舗運営がしやすいのが特徴です。

開業資金が少ないものの、独立・開業に向けた意欲は高い。今後成長していくビジネスに関わりたい。地域社会に貢献できる仕事がしたい。そのような思いを抱いている方は、ライフデリのフランチャイズへの加入を検討してみてはいかがでしょうか。


ライフデリの仕事のイメージ

記事は気に入っていただけましたか?
「いいね!」で応援よろしくお願いします

新着情報をお届けします♪