【特集】きっと参加したくなる! FC業界最大のイベント『フランチャイズ・ショー』を徹底取材

フランチャイズWEBリポート運営部 |2019.03.16
フランチャイズ・ショー入場ゲート

「フランチャイズ・ショー2019」が、2019年3月6日(水)から8日(金)まで東京ビッグサイトで開催されました。

1985年に「フランチャイズチェーンショー」としてスタートし、現在は国内最大規模のフランチャイズイベントとして、毎年、多くの来場者で盛り上がります。

そんなフランチャイズショー2019の会場の熱気や魅力を全6回(予定)のシリーズでお届けしていきます! 行きたかったのに行けなかった、FCショーってなに?という方は是非ご参考ください。

そもそもフランチャイズショーって何?

フランチャイズ・ショーとは、日本経済新聞社が主催し、加盟店を募集するフランチャイズ・代理店本部が一堂に会するフランチャイズビジネスの業界では日本最大の祭典。「独立開業をお考えの方」や「新規事業を立ち上げたい法人様」など、これから事業を検討される方にオススメのフランチャイズのイベントです。

フランチャイズ・ショーは国内最大規模の展示会ということもあり、来場者は日本全国からはもちろん海外からも訪れます。フランチャイズ・ショーの会場では、加盟募集する企業などがブースを構え、「開業プラン」や「開業後の収支予測」、「事業の将来性」などについて、担当者が直接聞くことができます。

フランチャイズショー2019に全国から3万人が集結

35回目の開催となったFCショー2019

フランチャイズ・ショー2019の受付風景

今回で35回目を数えるフランチャイズ・ショー2019。その来場者数は、3日間合計で29,946人(前年開催されたフランチャイズ・ショー2018の来場者数は30,763人)。天候に恵まれないなかではあったが、会場では例年と変わらない熱気が溢れていました。

フランチャイズ・ショー2019開催概要

主催日本経済新聞
特別協力:一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会
展示規模205社、463小間
開催場所東京国際展示場「東京ビッグサイト」西3・4ホール
会期2019年3月6日(水)~8(金)
公式HPhttps://messe.nikkei.co.jp/fc/
日付 天気 来場者数
※カッコ内は昨年
累計
3月6日(水) 曇り 10,052人(10,084人) 10,052人(10,084人)
3月7日(木) 雨一時曇り 10,015人(10,722人) 20,067人(20,806人)
3月8日(金) 晴れ 9,879人(9,957人) 29,946人(30,763人)

(※日本経済新聞社発表に基づく数値)

初出展本部も多数! 加盟を募集する企業が集結

メディアで取り上げられて注目が集まる焼き肉ファーストフード 焼肉ライクをはじめ、しゃぶしゃぶ れたすなど、有力飲食ブランドを抱えるダイニングイノベーションがグループとして初出店。そのほかにも、ペット共生型グループホームわおんこだわりのとり皮焼きを提供する博多 かわ屋などフランチャイズ・ショー初出店のブランドも多数。

会場ではFCショーで初めてお披露目される新サービスなどもあり、各所で賑わいを見せていました。

意外!? 聞いてみたら初参加の人も多かった

取材のために来場者に話を聞いていると「今年はじめて参加した」という方も多く、本イベントの注目度の高さが伺えました。

初参加というある男性は「規模の大きさにびっくりした。来たかいがありますね!」と興奮気味にインタビューに答えてくれました。

女性2人組にも話を聞くと、「2日連続できました。昨日は旦那と来たんですが全部見切れなかったので、今日は友だちを連れてまた来ちゃいました」とのこと。

それもそのはず、200以上のフランチャイズ本部が出展するなど、一度にこれだけ多くを比較検討できるのは「フランチャイズ・ショー」だけ。じっくり話を聞こうと思ったら、1日だけではまわり切れないのも当然かもしれませんね。

他にも、はじめて来場した方の感想として

「これだけ多くの人がフランチャイズを検討していることに驚いた」
「フランチャイズといったら飲食やコンビニのイメージだったけど、コインランドリーやエステなどいろいろな業態があるなんて知らなかった」
「普段、街中で見ているチェーンが多くて飽きない」
「飲食だと2000〜3000万円くらいの初期投資だと多いこんでいたが、意外と抑えて始められるチェーンがあることを知れてよかった」

などといった意見もありました。

そんなFCショーの魅力をお伝えすべく3日間にわたって総力取材

今回のフランチャイズ・ショー2019でウェブリポ編集部は、3日間にわたって総力取材を敢行。フランチャイズ本部の担当者に際どい質問をぶつけてみたり、来場者にフランチャイズについて気になることを直接聞いてみたり。

その内容を、全5回のFCショー2019徹底取材シリーズとしてお届けします!

加盟検討中のFCショー来場者に聞いてみた

[01]加盟検討者が考えるFC加盟のメリット・デメリット

第1弾として、会場を訪れていた来場者に「フランチャイズに加盟するうえでのメリット・デメリット」を聞いてみました。

メリットもあれば、デメリットもあるのは当たり前。これはフランチャイズだけでなく、どんなビジネスにも当てはまることだと思います。では、デメリットをいかにして払拭すればいいのか——? 来場者が考えるメリットとデメリットを挙げていただいたうえで、デメリットをポジティブな要素に変換するための“策”を紹介します。

[02]フランチャイズ加盟を検討するうえで重要視しているポイント

次にウェブリポ編集部がフォーカスしたのは、「来場者がフランチャイズ加盟を検討するうえで重要視しているポイント」。

フランチャイズビジネスが多様化する今、自分自身でよく見極め、加盟するフランチャイズ本部を決定しないといけません。しかし、同じ業態だけで考えてもフランチャイズ本部によってその特徴は千差万別。何を基準にして選べばいいのか分からないのが、加盟検討者の本音ではないでしょうか。

そこで、来場者が重要視しているポイントをぶっちゃけてもらいました。みんなは何を重要視しているのでしょうか。興味深い答えの数々に、取材班も目からウロコでした。

FCショーの会場で来場者と出展本部に調査してみた

[03]FCショーでみんなが注目したビジネスランキング

冒頭でも紹介した通り、200以上ものフランチャイズ本部が出展していた「フランチャイズ・ショー2019」。正直、これだけあるとどのフランチャイズ本部を選んでいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、第3弾では来場者と本部担当者が気になっているフランチャイズチェーンをそれぞれ100人近くから聞き取り調査しました。

気になるビジネス1位(同率)に輝いたのは、会場でも多くの来場者が紙袋を持っていた飲食フランチャイズチェーンと、人手不足に強くリスクの少ない安定した経営が見込めるあのビジネスでした。

みんなが気になっているビジネスを知ることで、フランチャイズのトレンドもつかめるはず。

加盟店を募集するFCショー出展本部に聞いてみた

[04]FC本部にフランチャイズショー出展の手応えを聞いてみた

第4弾と第5弾のターゲットとなったのはフランチャイズ・ショー2019に出展していたFC本部の担当者たち。

フランチャイズ・ショーは加盟検討者だけでなく、フランチャイズ本部にとっても出会いの場。加盟店を募集するPRの場であることはもちろんですが、それ以外にも各社出展の狙いは様々。第4弾は、ウェブリポが4つの出展本部に協力いただき、フランチャイズショー出展の手応えや、ブランドの今後の展望などを伺ってきました。

商談だけじゃないフランチャイズの祭典の楽しみ方

[05]番外編:食レポ!? フランチャイズショーの意外な楽しみ方

難しいことを考えず、ただ会場を歩いているだけでも楽しい「フランチャイズ・ショー」。その理由の一つは、飲食エリアで実施している試食コーナーにあります。今年は、40以上もの飲食系フランチャイズ本部が出展するなど、いつにも増して飲食エリアは大盛り上がり。

そこで、番外編となる第5弾は、試食コーナーの食べ歩き!

話を聞くだけでなく、自ら試食や体験してこれならいけるかも、と思えるビジネスが理想ですよね。

いくら食べても終わらない試食コーナーにギブアップ寸前!? 果たしてすべての試食ブースを食べ歩くことができたのでしょうか。フランチャイズ・ショーの違った一面をご紹介します。乞うご期待!

次回「フランチャイズ・ショー2020」は幕張メッセで開催が決定

今回のシリーズを通し、フランチャイズ加盟を検討するうえでの参考になるのはもちろん、まだフランチャイズ・ショーに足を運んだことのない人にとって、「来年は行ってみたい」と思っていただけたら幸いです。

ちなみに、2020年は3月4日(水)〜6日(金)に開催が決定。よりキャパの大きい幕張メッセに会場を移しての開催となりますので、2020年の「フランチャイズ・ショー」にも期待しましょう。

ウェブリポ編集部では、フランチャイズ・ショーをはじめ、フランチャイズ業界の情報を随時発信しています。

応援よろしくお願いいたします!!

フランチャイズ・ショー入場ゲート

記事は気に入っていただけましたか?
「いいね!」で応援よろしくお願いします

新着情報をお届けします♪