フランチャイズWEBリポート運営部
2017-03-23 フランチャイズWEBリポート編集部コラム
フランチャイズWEBリポート運営部

全国に420施設超え⁉注目市場ボルダリングビジネス--「株式会社マウンテンコミュニティー」インタビュー

フランチャイズショー2017で本部に突撃インタビュー取材!今回は、たくさんのブースの中でも特に気なった株式会社マウンテンコミュニティー 代表取締役 長谷川衛さんにお話しをうかがいました。ブース内にはボルダリングの壁がそびえていましたよ!


フランチャイズショー2017でのインタビュー取材第4弾!今回は、これからボルダリングをフランチャイズ展開しようと活動中の株式会社マウンテンコミュニティー代表取締役 長谷川衛さんにお話しをうかがいました。
まだ本部としては設立していないそうですが、後日ご連絡した際、本部設立の準備も大詰めとのことでした。そんなに遠くない将来、ボルダリングフランチャイズが誕生するでしょう。

ボルダリングビジネスの可能性

ご存知の通り、2020年の東京オリンピックで正式に追加競技として決定し、更なる盛り上がりをみせている「ボルダリング」。
ボルダリング(クライミング)ができる施設は、ここ5年間で全国420店舗以上に増え急激に伸びている業界です。皆様も一度は街角で見かけたこともあるのではないでしょうか。
長谷川さん曰く、これまで閉店した店舗は1店舗しかなく、その1店舗も売上が下がったなどの経営的な側面が原因ではなく他の事情があったそうです。
利用者は運動神経抜群の若い男性が多いイメージがありますが、若い女性も続々とボルダリングを始めています。ターゲット層もどんどん広がっていますね。

ボルダリングフランチャイズの特徴

まだ、本部が設立していないので、構想段階ですが、特徴を教えていただきました。
最大の特徴は専門的な作業のサポート。
ボルダリングにはそれぞれ「石」の色で初級者コースや上級者コースが分かれているのですが、毎回同じコースだと、どうしても飽きてきます。そのため、定期的に「石」の置き換えをして、コースの変更をする必要があります。ですが、コースの変更は、お客様の安全面の考慮も必要なので、熟練したボルダリングのエキスパートがおこなわなければなりません。ですが、熟練したスタッフを雇ったり、自分が自身が勉強するのは非常に難しいでしょう。

このような、専門的な作業を、すべて本部がサポートするそうです。

加盟オーナーは、お客様の安全管理、受付などの事務作業、お客様とのコミュニケーションを重視して、経営に集中する事ができますね。

その他、動画では、ボルダリングのスポーツとしての魅力や、出店する際の立地など詳しくお話してくださいました。ぜひご覧ください!

 

現在、ボルダリングをフランチャイズ展開している本部は全国にないそうです。今後が楽しみですね!

Posted by フランチャイズWEBリポート編集部

当サイトの運営をしています。フランチャイズと言われると、ピンとこない方も多いのではないでしょうか。しかし、今日街を歩けばコンビニ・ファストフード店などを始めとする、様々なFCを発見することができます。このページでは、そういった世の中にあふれているけど、意外と知らないフランチャイズビジネスについて発信していきたいと思っています。