株式会社PEOPLE&PLACE 代表取締役松下 雅憲
2017-09-10 専門家が語る。フランチャイズ・独立開業コラム
株式会社PEOPLE&PLACE 代表取締役 松下 雅憲

部下の仕事満足度が高まる!? できるリーダーは自らの仕事の満足度を高めている

[PR] 近日開催のFCビジネス・セミナー

京都テルサ(11/29)- 起業・独立勉強会


まずは、自身の「仕事の満足度」を考える

「あなたは、自分の仕事の環境や置かれている状況に満足していますか?」

あなた… それは、今このコラムを読んでくださっている『あなた』です。

自分自身が置かれている状況、自分自身が感じている充実感、自分自身の未来… いろいろと考えてみた上で、今一度『自分の仕事に対する満足度』を考えてみてください。

私の提唱している「従業員満足の6段階」で言うと、あなた自身は何段階目に立っていますか?

※「従業員満足の6段階」についての詳しい説明は、拙著「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」(同文舘出版)をご参照下さい。

もしも、あなた自身が、自分がたずさわる仕事の環境や状況に満足していないとしたら… まだ、6段階中の【第1ステージ:快適な労働環境】【第2ステージ:報酬と承認】のあたりの段階に立っている状況だとしたら…

あなたの部下やスタッフは、あなたと仕事をしていて、高い満足を感じられる状況にあるのでしょうか?

部下にとって「リーダー」は理想鏡そのもの

あなたの部下の「仕事の満足度」を高めるのは、「あなた」の仕事です。

会社や社長や上司ではなく「あなた」の役目なのです。
あなたが、会社や社長や上司に掛け合いながら環境を整えていくのです。

あなたの部下やスタッフにとっての『仕事の満足』に関するキーマンは「あなた」自身なのです。

あなた自身が、それは会社が… 社長が… 上司が…と思っていたら、あなたの部下は『あなたと働きたい』とは思いません。

『あなたと働きたい』と思われていない「あなた」の言う事を、彼らは聴いてはくれません。

だって、あなたと働いていても、彼らは満足を得られないのですから…

すると、彼らは「あなた以外」の誰かと仕事をしたくなるのです。

彼らにとっては、なにも「あなた」でなくても全然構わないのです。

「あなた」でなくてはならない理由が無いのですからね。

例えば… あなたが「店長」で、スタッフが「店長は『あなた』でなくてもいい」と感じたならば、他のお店には「自分を満足させてくれる店長がいるんじゃあ無いか?」と思ってしまうのです。

だから、辞めちゃうのです。

大事なことだから、もう一度言いますね。

部下やスタッフの『仕事に対する満足』に関してのキーマンは「あなた」です。

あなた自身が「仕事に満足」していないならば、あなたの部下やスタッフが満足するわけはありません。

リーダー自身が「仕事の満足度」を高めるアクションを起こすことが重要

でも、ここで大きな問題がひとつあります。

あなたの仕事に対する満足…これは、あなたの上司も大きな影響を与えているということです。

例えば、エリアマネジャー
例えば、スーパーバイザー
例えば、社長

もしも、あなた自身が「仕事の環境や状況に満足していない」としたら… その原因の半分は、彼ら上司の責任でもあります。

なので、半分については「上司や経営者」が改善をしていくことが必要です。
けれど、半分は「あなた自身の問題」なのです。

あなた自身が「仕事の環境や状況」に変化を起こしていかねば、何も解決はしないのです。

会社という組織には、3つの種類の社員がいます。

「言われたことだけをする人」
「何もしない人」
「言われなくても行動する人」 

自分の仕事の環境や状況に満足しているリーダーの多くは、3番目の「言われなくても行動する人」です。

つまり、あなた自身が、あなたの置かれている状況に満足するために、自ら変化を起こそうとして行けば、当然のことながら、あなたは「仕事の環境や状況」に満足するようになるのです。


まずは、あなた自身が仕事に満足できるように 前向きに動きましょう!

そうすれば、部下やスタッフも動き始めますよ。
自分たち、そして「あなた」のためにね。

そして、そんな彼らはこういうのです。

「あなたと働けて良かった。だから、これからもあなたと働きたい」と。

あとがき

今回で、拙著「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」にまつわるお話は一旦終わりとなります。

これまで私のコラムを読んでいただいた方、まだ読み始めたばかりという方にも、ぜひ本書やコラムのバックナンバーを振り返ってお読みいただければ幸いです。

本では詳しく説明できなかったことの補足として、このコラムにしか書いていないことがあります!
きっとなにか、あなたのお役に立てることと思います。

次回からは、現在執筆中の本に関連して「エリアマネジャーの仕事とミッション」というテーマで連載していきたいと思います。

しばらくお時間いただきますが、またお目にかかります!お楽しみに!!

  • 参考「『これからもあなたと働きたい』と言われる店長がしているシンプルな習慣」松下雅憲著(同文舘出版) 

株式会社PEOPLE&PLACE 代表取締役 松下 雅憲

大阪出身。1980年日本マクドナルド(株)入社。店舗運営の現場と全社の出店戦略に関わり、2005年4月とんかつ新宿さぼてんを運営する(株)グリーンハウスフーズに入社。すぐに経営情報室を立ち上げ、経営情報の見える化、出店戦略システムの構築、さらにエリアマーケティングをベースにした店長教育システムを導入し大きな成果を上げた。2012年4月株式会社PEOPLE&PLACEを設立。代表取締役に就任。マクドナルドとさぼてんで確立したノウハウを独自の形に仕組み化した「店長ナビ®」を提供し、人材育成を通じて多くの外食企業や小売・サービス企業の業績向上に貢献している。