エックスモバイル 先輩オーナーの声(岡田大徳オーナー)

携帯業界のLCC!もしもシークスの代理店ビジネスにチャレンジ

エックスモバイル もしもシークス久留米中央店/久留米南店/佐賀鳥栖店 岡田大徳 オーナー

32歳の若さで3店舗のオーナーである岡田大徳社長。 今回のもしもシークスへの加盟は、新規事業として参加。 活躍されています。 最近では買取&修理サービスも開始。 地域に根ざして、地域に愛されるショップ運営を目指されております。

もしもシークスのことを知ったきっかけは?

知人のコンサル業の社長より通信の権利を取れるかもしれないと紹介を受けて知りました。
ちまたでは色んな危ない商法が円満しているので、
わたしの性格上普通はこの手の話は全く相手にしないんですが、

わたしに紹介してくれた社長がベンチャービジネスを紹介するなんて滅多に無いので、
これは凄いビジネスなんじゃないかと、その時点で既にとても興味がありました!
だから、紹介してくれた人が良かったってのもありますね(笑

なぜもしもシークスに決めたのか。

わたし自身、前々より通信の権利(インフラ)を取れるチャンスがあったら
どんな小さな可能性でも挑戦したいと思っていましたので
内容を聞いて、これが本当に実行されるのなら間違いなく大きなビジネスになると思って即決でした!
(岡田オーナーが加盟された時は、エックスモバイルは開業前でした。)

あとは、引っ張っている木野社長に惹かれましたね!
この社長ならやってくれるんじゃないかと素直に思いました!

正直、会社は社長で決まると言っても過言では無いと私は思ってます。
どんだけ良いビジネスでも社長次第ですし、がけっぷちの状況からでも
社長次第でとんでもない爆発力を持っていると思ってます。

このビジネスのやりがいは?

とにかく権利収入・インフラ収入を獲得出来るチャンスがある事に尽きるんじゃないかと私は思ってます。
たしかに、ひとつき、ふたつきくらいで大金が稼げるわけじゃないですが、
半年・1年かけて、その後の30年、40年の収入を得られると思えば、
わたしにとっては充分やりがいがあります。

このビジネスに参加してどんなことが良かったですか?

これは仕方の無いことかもしれませんが、
やはりオペレーションの強化ですね。

計画されている365日サポートなどは早く行って欲しいと思います。
ホント細かい事を言えば色々きりが無いです。。。(笑

ただ、こういうちょっとした調整が必要な事も
わたしとしてはこの会社の可能性を感じてます。

完全に出来上がっている会社でしたら、
もう伸びしろは無いと思いますからね。

もしもシークスへの加盟をお考えの方へのメッセージ

太陽光や不動産・先物・株・投信と色々見たり提案をうけてはきましたが、
ここまで確実性のある安定インフラ権利を取れる機会はもう無いんじゃないかとわたしは思ってます。
是非一緒にこのビッグウェーブに乗りましょう!