NEW LIFE MOBILE(ニューライフモバイル) 先輩オーナーの声(吉田哲也オーナー)

阿波踊りを盛り上げる

NEW LIFE MOBILE(ニューライフモバイル) ㈳徳島モバイル 吉田哲也 オーナー

 私は徳島でIT企業を経営したおります。実は徳島県では”阿波踊り”が財政破たんし来年から運営が出来ない可能性が出てきています。地元企業として何か出来ないか? そんな時にニューライフモバイルの森社長に出会いました。

森社長からの提案に”目から鱗でした”

 森社長からの提案は、①地元で格安SIMを販売して地元の人の通信費を削減する。  ②毎月のSIMの月額料金から50円を阿波踊り観光協会に寄付する。 ③森社長側からも50円の寄付を出します。  以上3点でした。
 更にこの様な説明を受けました。『社団法人で設立しなさい』と そして社団法人設立の書類まで森社長に作成して頂きました。 そして、地元で雇用をお越し・地元で納税して・地元の人の通信へを削減して・阿波踊り観光協会に寄付するという物でした。 正直【目から鱗でした】 ただ単に代理店を集めて加盟金だけを搾取するFCが多い中で、個別の企業向けに事業提案までしてくれるニューライフモバイルの森社長と出会えて良かったと思います。

阿波踊りSIM誕生まで

 地元貢献できる【阿波踊りSIM】の企画で徳島新聞・地元企業・阿波踊りの連などに説明して回り販売協力を依頼した所
全ての所から帰ってくる声は、【素晴らしい】という物でした。
 阿波踊りの連だけでも30近くあり、連には100名近い県民が加盟しております。これだけでも3000人です。
地元の弁護士さんからは直ぐに【阿波踊りSIM】の商標を取る様にと進められる状態でした。
 慌てて【阿波踊りSIM】と【徳島モバイルSIM】の商標申請を出しました。

自社ブランでの強み

 楽天・QUなどの大手とブランドで戦っても勝てません。
しかし、徳島県で阿波踊りSIMの名前で販売する事により全国的には無名の阿波踊りSIMでも勝機がある事に気付きました。 さらに、阿波踊りSIMの主旨(あなたの支払う通信費から毎月50円を寄付する)という行いに賛同してもらう事で地元では賛同を受けられています。

阿波踊りSIM
http://tokushimamobile.org/