イタリアン食堂 先輩オーナーの声(工藤オーナー)

飲食未経験からイタリアン食堂のピザ専門部門で独立!

イタリアン食堂 焼きたてPizza910 工藤 オーナー

映像制作業界10年の経験後、まったく畑違いの飲食店オーナーへ。飲食・店舗まったくの未経験で2017年6月に独立しました。

加盟される前は何をしていましたか?

10年間会社員で映像関連の仕事を行っていました。 35歳迄には何かしらで独立したいと漠然と思っていました。

未経験の飲食業界を選んだきっかけは?

仕事のストレスで食べれない時期がありました。 少しでも食事出来るときがあれば、暖かくて美味しいものを食べていたくて・・・その間は幸せだったので。 そんな思いもあって飲食業界に以前から興味があって、飲食にチャレンジしたくて検討しました。 でも飲食もお店も経験は今回が初めてです。

実際外食で探したFCは他にもありますか?

最初、私は青森出身なので郷土料理を考えていました。 しかし、作ってみて自分でもこれは流石に人に出すものではないと思いました(笑) 映像制作10年の経験から思ったことですが、映像も5年経験してやっとその人の話を聞く気になるという世界です。 それと同じで開業するにもそれなりに経験したものではないと駄目だと思いました。 時間も限られている中でフランチャイズもありましたが2番目で考えてました。 居酒屋・お弁当・メロンパンなど何でも調べて、実際に本部に話を聞いたのは5社ほどですね。

一長一短ある中で、どのへんがイタリアン食堂に行き着いたのでしょうか?

本部のミアン社長と話す前に、一人でイタリアン食堂五反田店へ食べに行きました。 その時感じたことは、一人でも楽しめる場所であるということ。 食事はもちろん美味しかったですし、とてもフレンドリーな接客が心に響きました。 こういうお店を自分も運営してみたいとこの時思いました。 他にもお肉屋さんとか居酒屋さんのチェーン店にも食べに行きましたが、すべてが自分の考え方と合致したのがイタリアン食堂でした。 また、本部の方もミアン社長もすごく親身に何度も相談を聞いてくれたので。

今回はテイクアウト専門のお店ですが?

最初はイタリアン食堂を行いたかったので、ミアン社長に相談してアルバイトで五反田店に勤務させてもらい勉強していました。 さらに出店資金を増やすためにラーメン店でもアルバイトをしました。 結果的に飲食だけでなくお店の営業が全くの未経験でしたので、一人で運営するには、自分では時間がかかると思いました。 でも、どうしても独立して、お店を出したかったので、イタリアン食堂のピザテイクアウト専門店である「焼きたてPizza」であれば、私一人でピザのテイクアウトとしてシンプルスタイルで、ありではないかと思いました。

ご苦労などはありましたか?

元々お店は2017年1月にリニューアルオープンしていました。 ここで1月からアルバイト的な感じで勉強させてもらって、直営店の営業譲渡を受けて6月にフランチャイズ契約をしてオーナーになりました。 実際ピザ作りは自分については飲食未経験だったので簡単にできたとは言えませんが、一緒に作り上げてきたという思いがあります。 当初Lサイズピザしかなかったところ、本部に相談してMサイズピザも一緒に開発させてもらいました。 トッピングについても一緒に開発させてもらうなど意見を反映させてもらえるのが嬉しかったです。

売上や今後の展開はどのように考えていますか?

はっきりと数字は言えませんが、お陰様ですでに昨年(2016年)の実績よりも上向いています。 2017年11月からトレーサビリティ(流通経路を明確にした安心安全な食材)メニューに変更しましたが、最初は販売価格もあがるしお客様も離れると思って反対していました。 でも本部の方とミアン社長に説得されて切り替えたところ、今までよりさらにお客様に喜んでもらえて売上も向上しました。 夕方から夜がピークになり、週末は昼と夜の2回山があります。 多少待たせてしまうこともありますが大変ではないです。 専用のピザ窯で1分程度焼けば出来上がるので、1枚5・6分でお渡しできます。 客層は場所柄20代後半から40代の家族連れが多いですね。 今後については、最初始めた時に2号店目はイタリアン食堂を出店しようと・・。 しかし、焼きたてPizzaも飲食店であることは変わらないですし、やってみたら意外と楽しかったので、当面はこの店を増やして行きます。 でも、イタリアン食堂を出店することも考えています。