個別指導学院 ヒーローズ 先輩オーナーの声(クラウドナイン株式会社 高野 健一郎オーナー)

運送会社の会社員から独立!開業3年10ヵ月で法人化、6年で5校目を開校

個別指導学院 ヒーローズ 5校経営 クラウドナイン株式会社 高野 健一郎 オーナー

妻、中2・小6の息子、4歳の娘との5人家族。27歳から約3年間、教材販売会社だった東海出版の営業社員として活躍。その後、運送会社に転職し管理職に。社長からFC展開の話を聞き、「人の役に立てる」と独立を決意!

未来のヒーローを育てたいと、会社員から独立を決意!

独立のきっかけは「個別指導塾のFC展開を始めたのでやらないか」とヒーローズホールディングスの鈴木社長に声をかけていただいたことでした。

じつは私は若い頃、同社の前身である東海出版の社員でした。都合で運送会社に転職しましたが、ずっと連絡は取っていました。そのある日の話…、鈴木社長に『ヒーローズ』という塾名と理念を聞き「未来のヒーローを育てたい」という思いが生れたんです。

説明を聞いて驚いたのは、1コマ1000円~の授業料の安さ。また、集団授業についていけない子や、先生に質問できない子も多いので、この個別指導塾は今後の主流になると思いましたね。

教務は未経験でしたが、PCと講師による指導ですし、勉強の楽しさを伝えることはできると考え、開業を決意しました。

開業直後に東日本大震災に!本部の支援でいいと思ったら何でも挑戦しました

物件選びや資金調達など、鈴木社長や本部の細やかなサポートにより、2011年2月に御前崎校を開校。その直後に、東日本大震災に遭いました。

今となっては思い出ですが、震災の影響もあり、開校当初は本当に不安でした。
自粛ムードで生徒はなかなか集まらず、チラシを安く提供してもらったり、ポスティングを手伝ってもらったり、本部には大変お世話になりました。集客戦略、退塾者を出さないための方法、テスト対策など、実践的なアドバイスは今も役立っています。

また、近隣のオーナーと情報交換できるのも、とても励みになりましたね。本部や仲間のオーナーと、一緒に成長していけることもヒーローズの魅力だと思います。

オーナーの意志を尊重してくれる本部のおかげで、早朝勉強会や理科の実験など、いいと思うことは何でも実践。本部主催の勉強会にも毎月参加しました。その結果、生徒の成績が上がり、開校2年目には受験生全員が高校に合格できるようになり、紹介やクチコミで生徒が増えていきました。

開業3年10ヵ月で法人化!現在、卒業生が講師として活躍中!

開業3年10ヵ月で法人化し、現在は5校を展開しています。

開業直後は苦戦したものの2年後には生徒数が60名となり、開業約2年半で2校目を開校。わずか2ヵ月で生徒数が60名となり、2校合計で120名を突破しました。翌年には3校目を開校し法人化。cloud9(クラウドナイン)株式会社を設立しました。

現在は、生徒の指導は講師に任せ、私の仕事の中心は教室を廻り、冗談を言って笑わせ、雰囲気を明るくすることです。生徒の成長はもちろんですが、なかでも一際嬉しいのは、ヒーローズ卒業生の講師が増えていること。社員なってくれた卒業生もいるんですよね。

今後の目標は30~40校を展開し、地域教育に貢献すること。開校時から持ち続けている想いを実現していきたいと思います。