おれの脱毛DAN 先輩オーナーの声(都築オーナー)

今後の市場性を感じて加盟しました。

おれの脱毛DAN おれの脱毛DAN栄店 都築 オーナー

不動産関係のお仕事をしながら、副業で加盟。美容の経験はないが、自分でお店を持ちたいという漠然としたものはあったが、実行には移していなかった。そんな中、広告でメンズ脱毛フランチャイズを見つけ、今後のメンズの可能性を感じて加盟。

今後のメンズ脱毛は、「文化」になると思っております。

私自身もメンズ脱毛に通っていたことがあったのですが、
通うようになってから仕事などの場面でも、良い方向になることが増えてきました。
見た目も清潔感が出ますし、最近だと、中世的な男子がメディアでも高い人気を誇るようになってきている。
この良さを伝えたいと思い、独立を夢見てきました。

そんな中、フランチャイズの広告で、おれの脱毛DANを見つけ加盟させていただくことにしました。

加盟したきっかけ

昔から自分自身でお店を出してみたいという漠然とした気持ちはありましたが、
一からお店を作る難しさ・資金などを考えた時に、なかなか手が出ませんでした。
それよりは、形が揃っていて、経験のあるフランチャイズに加盟した方が、成功しやすいと考え、フランチャイズで広告を探しました。

そこでメンズ脱毛の広告を見つけ、電話して本部の説明会に参加しました。
本部の人柄・お店のコンセプトが自分にぴったりだったので、最終的に加盟を決意しました。

脱毛の中でも、お客様に提供できるサービスに「穴」がない。

主流である「光脱毛」と大流行の「ワックス脱毛」を2つ扱えることで、お客様に合った提案をすることが可能です!
脱毛=勧誘が多い。イメージを持たれますが、
2つのサービスを扱うことにより、メリット・デメリットをお互いに補うことが出来ています。
お客様が安心することはもちろんのこと、働くスタッフも無理やり営業することなく働けるため、
両者にとって、居心地の良いサロンになってます!