テレアポ代行ビジネス ”soraプロジェクト”(株式会社soraプロジェクト)

テレアポ代行ビジネス テレアポ代行ビジネス ”soraプロジェクト”(株式会社soraプロジェクト)の開業情報をお探しの方におすすめのフランチャイズをご紹介します。

チェーン名 テレアポ代行ビジネス ”soraプロジェクト”
会社名 株式会社soraプロジェクト
カテゴリ その他サービス
詳細カテゴリ 戦略的テレマーケティング事業
新規顧客開拓専門テレマーケティング会社㈱soraプロジェクトが戦略的テレマーケティングソフト「スカイポイントシステム」とコール代行業務をセットにして御社の見込み客を顧客に育てます! ---------------------------------------------------------------------- ◆対象 BtoB(企業間取引)のみ ◆条件 スカイポイント(戦略的テレマーケティングソフト)の導入 ----------------------------------------------------------------------------------- 継続プランで以下の成果が得られます--------------------- ●ABCDEランクに見込み客様を振り分け ●ABランクを定期コールで関係性の構築 ●会話によるニーズ・本音の引き出し ●条件による顧客の抽出と活動記録入力 --------------------------------------------------------------------------------- ■お得な6カ月プラン■----------------------------------- ・コール基本料金0円 ・コール1件280円X件数 (300件として84,000円) ・スカイポイント初期費用  6,334円 ・スカイポイント利用料金 12,000円 ≪月々の合計金額102,334円≫---------------------------------------------- ---------------------------※また、8月よりWEBから条件別のリストが抽出できる機能がスカイポイントに付きました。(1件抽出40円)
あなたの会社が新規顧客開拓支援コールセンターに!~ □■────────────────────────□■    新規顧客開拓支援 テレマーケティング『soraプロジェクト』        ■□────────────────────────■□           ≪加盟店情報1≫      フランチャイズ加盟店     22年6月  スカイポイント埼玉 オープン     22年10月 スカイポイント大阪中央 オープン     22年11月 スカイポイント千葉 オープン予定         22年11月 スカイポイント沖縄 オープン予定         22年11月 スカイポイント福岡中央 オープン予定     23年3月  スカイポイント東京町田 オープン予定     現在、6店が加盟しております。                ≪加盟店情報2≫   あの大手フランチャイズ本部が弊社の「スカイポイント」   でコールセンターを構築!テレマーケティング事業を開始   このフランチャイズの大きな特徴として以下の3つがあげられます。           ■魅力的なストックビジネス       ■コールシステム代程度の加盟金での開設       ■弊社独自の新規開拓ノウハウで既存事業も成長! ●市場規模5,000億円! 成長し続ける、テレマーケティング市場! テレマーケティングとは電話で顧客と連絡を取り、商品の販売に結びつけるマーケティング手法。 「インバウンド方式」と「アウトバウンド方式」の2種類があり、soraプロジェクトが手がける「アウトバウンド方式」の成長率は「インバウンド方式」を上回っています。 テレマーケティングの市場規模は2011年度には、5,000億円を超えると予想されています。 ●業界をリードする、オリジナル・クラウドコールシステム『スカイポイント』! 多額のシステム構築費。これまでテレマーケティング市場はベルシステム24、トランスコスモスなど、一部の大手企業しか参入できない状況でした。 そこに風穴を開けたのが弊社の、戦略的テレマーケティング構築サービス『スカイポイント』です。 ネットワーク経由でユーザーがシステムを使える「クラウドコンピューティング」方式により、システムを自社で用意することなくコールセンターが作れます。 また在宅スタッフでの業務も可能なため、クライアント企業様への提供が安くても、きちんと利益が残る仕組みになっております。 ●見込み客を顧客に育てていくコール手法の為、定期契約が中心! アポイント取得のみならず、断られた見込み客様と関係性を深めていくコールの為クライアント企業の契約率もブランドも上げていきます。 また、継続的なコールにより、企業のニーズや本音も記録しやすく、訪問時には集めた企業のニーズを基に提案書を作れます。 もちろん、コールシステムだけでなく他にはない、豊富な成功事例やトークスクリプト(トークの台本)集をもとに、研修を行うコールスタッフ研修も大きな魅力です。 弊社代表の樋口清美は、13年ほど前からテレアポを活用した営業手法で、ダスキン900店舗中成長率1位などの実績があり、今回はその革新的な営業手法を取り入れた、フランチャイズパッケージを全国の皆さまにご提供いたします。            ▼ ▼ ▼ 「わたしたちなら、最強のテレマーケティング戦略をクライアント様にご提供できます!」 また、3年間の事業計画のシミュレーションもご用意しております。 フリーダイヤル 0120-77-8939 担当 河津真弓・重松光美 ◆◆◆以下、テレマーケティング業界の市場分析◆◆◆      (矢野経済研究所2009年10月の資料より引用) ■コンタクトセンターに集まる消費者の声を活用し、それをマーケティングに活かすことで売上高の増加につなげたいと考える企業が増加している。  テレマーケティング事業者もそのような需要を取り込むためのサービスを強化しているため、それが市場を拡大させると推測する。 ■また、競争力確保の観点から「持たざる経営」の実現を目指し、非コア業務を外部に委託すすることを検討している企業も多い。各企業のコスト削減への取り組みが一段落し、競争力の確保に向けて本格的に動き出すのに合わせて、再びテレマーケティングサービスの利用が増加すると推測する。 ■まず、消費者との直接窓口となるコンタクトセンターを戦略拠点として重視する企業が増加している点が挙げられる。情報化社会を迎えたことで消費者へのパワーシフトが進んでおり、消費者への対応一つが企業の命運を左右する時代になっている。 ■次に、NGN(Next Generation Network)など通信網の発達による影響が考えられる。通信網の発達により、通話やWeb に加えて映像での対応も必要になるなど、企業と消費者とのコミュニケーション方法が多様化すると想定される。 そのような状況で顧客満足度の高い対応をするためには、全社がシームレスにつながっており、的確で効率的なコミュニケーションができる体制を整える必要がある。 そのような体制を構築できている企業はまだ少なく、今後実際にそのような状況が進めば、加速度的に普及が進む可能性がある。 ■また、ヨーロッパやオーストラリアでは、通信事業者や一般企業において、自社の保有するコンタクトセンターの空きリソースを活用してコンタクトセンター事業に新たに取り組む例が出てきている。 将来的に日本でも同様な取り組みが拡大する可能性もあり、これも今後の市場の成長要因として期待できるだろう。
※現在は内容が変更されている可能性がございます。