日本で唯一!年中生食ができる希少な幻の牡蠣だからこそ…食材を愛せる方を募集しています

1年中生食ができる「幻の牡蠣」!希少な食材を扱える厚岸水産ならではの強みとは?

「本物の味」を求めて、足繁くリピーターのお客様が訪れる。それが厚岸水産です。その秘密は、競合では、なかなか提供できない北海道・厚岸(あっけし)の牡蠣を提供しているからです。厚岸の牡蠣は、日本国内で唯一、1年中生で食べることができます。その希少価値から「幻の牡蠣」とも呼ばれる厚岸の牡蠣を、中間業者なしで漁師さんから直接仕入れることができるのが【厚岸水産】です。会長自らが「納得できる食材を提供したい」と何度も現地に足を運び、生産者の顔が見える安心で安全な仕入れルートを構築しています。

厚岸の牡蠣があるからこそ食べ放題はしません

厚岸水産では、他の牡蠣専門店でよくある『食べ放題』をしません

日本で唯一、 年中生食ができる厚岸の牡蠣があるから

他店が食べ放題をする理由

牡蠣

牡蠣業態のリスク軽減のための食べ放題

高級食材というイメージの強い牡蠣ですが、近年では牡蠣小屋ブームが起こるなど身近な存在となっています。そんな中増えているのが「食べ放題」を売りにする牡蠣専門店。その背景には「冬しか提供できないので食べ放題で一気に収益化したい」「食中毒などのリスクを恐れ、傷む前に消費したい」などの理由があります。

看板商品「厚岸の牡蠣」は美味しくて安全な食材

厚岸水産が『食べ放題』をしない理由 年中生食 安全性

北海道厚岸

北海道の厚岸ってどんな場所?

北海道厚岸は古くから牡蠣の産地として知られており、厚岸という地名も「牡蠣がたくさんとれる場所」というアイヌ語が由来になっているという説があります。冷たい海流と、豊富なプランクトン、そして綺麗な海。この3つの要素が整い、​昔から牡蠣の生育に最適な環境でした。

日本で唯一!秋や冬以外でも1年中生食できる

一般的に牡蠣の旬は、冬場といわれています。しかし厚岸には夏でも寒流の影響で海水温が上がりにくい海域があり、そこを使って牡蠣の成熟をコントロールしています。その結果、日本国内で唯一、秋や冬以外でも 1年中栄養と甘みがたっぷり詰まった生食できる牡蠣が育つのです。

最高鮮度!栄養と甘みが詰まったなまら旨い牡蠣

厚岸の牡蠣は低水温でじっくり時間をかけて育ちます。栄養豊富な厚岸湾の海水と、山のミネラルがたっぷりな厚岸湖の淡水。海で栄養を蓄えた牡蠣を湖で塩分調整することで、うまみの凝縮されたまろやかな味の牡蠣になります。ぷりっとしてコクと甘みがあり、牡蠣嫌いの人も思わず好きになってしまうほど。

生産者の顔がわかる!漁師からの直接仕入れで安全性を担保

「顔が見える」食材だから安心!

厚岸水産の牡蠣は、仲買人を通さず鮮度抜群の状態で、漁師さんから直送で届きます。誰がどのように育て、どのように殺菌処理をしたか…という管理体制を知った上で、自信を持ってお客様に提供できるのです。デリケートな食材だからこそ、信頼できる漁師さんと取引したい。会長が厚岸に直接足を運び、交渉を重ねて築いた「顔が見える」仕入れルートがあります。

食材こそが「厚岸水産」最大の武器

『本当にいいものを提供する』これこそが、厚岸水産の最大のプロモーション

膨大な広告費を使わずに 集客が期待できる

希少価値の高い食材で、競合との差別化が可能!

厚岸水産の牡蠣は、希少価値が高い最高級品。他店で食べられるものとクオリティが違います。牡蠣そのものにブランド価値があるので、大幅な割引をおこなったり、高額なプロモーション費用をかけなくても口コミなどで集客ができます。

安定経営の秘訣! リピーターが獲得できる

「ここでしか食べられない」を求めて何度も来店

とにかく大量に食べたい、という安価な食べ放題を求めるお客様は、厚岸水産には来店しません。厚岸の牡蠣のおいしさを知り、本物の味を求めて「この牡蠣が食べたい!」とコアなファンになるお客様ばかりです。だからこそ、飲食店において安定経営のキモとなる「リピーター」になってくれるのです。

「食材を愛せる方」を募集します!