セブン-イレブンの全店平均年商は2億3,000万円 未経験のあなたも年商2億円の経営者に

未経験でも年商2億円!セブン-イレブンのコンビニ経営

未経験でも開業できるコンビニFCですが、あなたはセブン-イレブン1店舗あたりの年商をご存知ですか?実は、平均年商2億円超というビッグビジネスなのです。この数字は小売業界全体から算出した平均年商と比べても、遥かに上回ります。では、なぜセブン-イレブンがこの年商を叩き出せるのか。人を引きつけるキャンペーン、商品開発、売れる陳列方法…など、効果的且つ多岐にわたる施策を絶えずおこっているからに他なりません。それを可能にしているのは「近くて便利」という、セブン-イレブンの揺るぎないコンセプトにありました。
説明会応募

年商2億円ビジネス「セブン」の凄さ!

各業態の1店舗あたりの年商 セブン-イレブンは約2億3000万円 他業態では到達出来ない規模の年商!

各業態の年商参考:『2017年度「JFAフランチャイズチェーン統計調査」報告』

セブン-イレブンの1店舗あたりの年商は平均2億3,000万円。この数字は、セブン-イレブンでも販売している各商品の専門店の年商と比較すると、倍以上の差が付くほど圧倒的な数字です。いかに、セブン-イレブンの年商が高水準であることがわかります。

他業態で2億円を到達するために 1日に必要な販売数は…?
弁当屋なら?約1096個/1日(1個単価500円で計算)コーヒーショップなら?約1370杯/1日(1杯単価400円で計算)ファス

他業態で1店舗あたりの年商2億円を到達しようとすると、大量の商品を販売しサービスを提供する必要があります。イベントなどが重なり数日だけ上記数字を達成できる事もあるかもしれません。ですが、毎日達成し続けるとなると他業態では非現実的といえます。

未経験でも開業できる 他業態のフランチャイズの年商は?
未経験でも開業可能なFCの年商 セブン-イレブン 約2億3,000万円
各業態の年商参考:『2017年度「JFAフランチャイズチェーン統計調査」報告』

未経験でも開業できるFCとして注目を集めている「ハウスクリーニング」や「学習塾」「居酒屋・パブ」ですが、小売業界全体平均には到底かないません。さらにその小売業界とセブン‐イレブンと比べると、セブン‐イレブンの年商が、いかに特筆すべき数字であることが分かると思います。

未経験でも年商2億円超の商売ができる理由

理由その1)効果的なタイミングでキャンペーンを実施

抜群の集客を発揮するキャンペーン

「おにぎり100円セール」や「おでん10%引きセール」などのキャンペーンを年間に複数回おこなっています。また、芸能人や映画・アニメなどのコラボ商品やイベントを実施し、客単価UPを狙うだけでなく、普段来店されない層の集客を狙います。もちろん、本部経費でおこなうので、加盟店の負担はなく、売上が増加する仕組みとなっています。

理由その2)次々と開発されるセブンイレブンの商品のイメージ

新たなニーズを生む商品開発

商品開発をおこなうのは、様々な分野のメーカー様やベンダー様などのチームを組むプロ集団。店頭情報や市場データ、地域の嗜好まで徹底調査し、おいしさ、品質、安全性にこだわった商品を開発しています。少子化高齢化など時代の変化を見据え、常に「明日売れる商品」のニーズを掘り起こし、幅広い層のファンを獲得し続けています。

理由その3)ノウハウの蓄積に裏打ちされた店舗レイアウトのイメージ

本部によるノウハウの蓄積と提供

本部は、お客様はもちろん、加盟店にとってもより良いサービスを提供できるように、常に新たな施策を立案し、直営店で試験実施し、ブラッシュアップを続けています。2017年には店舗レイアウトの大規模変更を試験採用。お客様からの支持を得て、平均日販も増加したことから、この新レイアウトは、新店舗より標準採用となり、2021年度までに既存店1万店も採用する予定です。

お客様のために「近くて便利」を追求

今までも、これからも来店動機を創造します 行政サービス・民泊受付・コーヒー・コピー機・ATM・宅配受付
セブン-イレブンの店頭イメージ

選ばれるお店であり続けるために

セブン-イレブンの数々の新サービス提供、商品開発、その他様々な取り組みを支えているのは、お客様の「近くて便利」のため。そうしたコンセプト追求の結果が、1店舗あたりの平均年商2億3,000万円に繋がっています。そして、さらにその先へ、セブン-イレブンは歩みを止めることはありません。

未経験でも年商2億円の店舗を経営できる!セブン-イレブンののFCを詳しく知りたい方は説明会へ