年間売上1億円を目指すカービジネス

複合出店による『W集客』で1商圏の収益を最大化! 福祉車両レンタカーの可能性

「介護レンタカーさくら」は、福祉車両をレンタカーとして貸し出すビジネスで、超高齢社会となる現在、ニーズは増加は拡大を続けています。そんな「介護レンタカーさくら」の本部はあのガッツ石松さんでお馴染みの「ガッツレンタカー」を運営しています。実は、ガッツレンタカーも同時加盟し1拠点で2ブランドの看板を掲げる事ができるのです!収益を最大化できる複合店舗の魅力を探ります。
説明会応募

高齢化社会で需要が増える「介護レンタカーさくら」

介護が必要な高齢者がメインターゲット 人口の約28%が高齢者

※平成30年版高齢社会白書(全体版) - 内閣府 より

超高齢化で福祉車両の需要が急拡大

現在、日本は高齢社会。人口の27.7%が65歳以上の高齢者と言われています。そんななか、平成25年の法改正では「介護は施設から在宅へ」と方向転換。自宅からの移動手段として福祉車両のニーズが急増しています。特に、介護タクシーより割安で利用できるレンタカーは、日常使いにも旅行などにも利用しやすく注目を集めています。

福祉車両の台車として法人需要も

福祉車両の販売台数は年間約4万台(「日本自動車工業会」調べ)。しかし、車検や事故、修理など時に必要な「代車としての福祉車両」はディーラー、リース会社共にほとんど用意できていないのが現状で、普通車にて代車対応せざるを得ない状況です。そのため、ディーラーやリース会社などの法人様から「代車として利用」のニーズも多くあります。

わずか3年半で150店舗を達成した「ガッツレンタカー」

ガッツ石松氏が印象的なガッツレンタカーとは?

イメージキャラクターにガッツ石松氏を起用して、印象的な看板で認知度を向上させている「格安レンタカー」ブランド。価格破壊とも言える価格設定で数ある格安レンタカーと比べても安くて利用しやすいと評判です。さらに、「長期貸し」に強い事も魅力的です。

競合がいない!長期貸しに特化

ガッツレンタカーの最大の特徴は、一般的な「格安レンタカー」によく見られる1時間貸しや半日貸しのニーズだけでなく1日〜1年間の「長期貸し」に特化していること。「クルマを購入するほどではないけど、一定期間クルマが必要」というニーズに応えることができます。

ガッツレンタカーも法人需要あり

長期貸しに特化し、さらに価格も競合よりも有利であることから個人のみならず、法人からのニーズがあります。「一時的に営業車として必要」といったニーズや、ディーラーの「事故、修理用代車として借りたい」などのさまざまなニーズが眠っています。

ガッツレンタカーは支持され急拡大
FC開始2年で50店舗突破 3年半で150店舗突破

2つのレンタカーで1商圏の収益を最大化

いま、最も勢いのあるレンタカー屋さんが提案する 店舗複合化戦略 2ブランドを1店舗で開業

介護レンタカーさくらは、ガッツレンタカーと同時加盟が可能!

介護レンタカーさくらの本部である「株式会社ガッツ・ジャパン」は格安レンタカーブランド「ガッツレンタカー」を運営しています。介護レンタカーさくらとガッツレンタカーは同時に加盟することが可能!しかも1店舗で2ブランド取り扱えるのです。

1商圏の収益を最大化!売上倍増×固定費削減=営業利益最大化

売上倍増!異なるターゲット!

介護レンタカーさくらは30万人~50万人の商圏を独占できる「完全エリア制」。その商圏内で更なる売上確保するため、福祉車両を借りたい方・通常の車を格安で借りたい方の両方がターゲットになります。もちろん、既存の「介護レンタカーさくら」のお客様に対し「ガッツレンタカー」をおすすめする事もできるので、相乗効果で売上が倍増します。

固定費は1ブランド分で売上UP!

1店舗で、2ブランドの看板を掲げてOPENできるので、店舗物件や車庫なども2店舗分用意する必要がありません。もちろん、スタッフも増員する必要もありませんので、人件費の削減、人材募集コストの削減が可能となります。固定費は1ブランドと変わらないのに2ブランド分の売上が確保できる…。結果、収益が最大化します。

あらゆるニーズに応える!複合化戦略で収益最大化!