40代の独立に選ばれるフランチャイズ

編集部

40代の方が企業の正社員として働いている場合、それなりの地位でそれなりの月収を得ていることでしょう。そこから職を変えるとなった場合、収入維持もしくはアップを望むのならそれはなかなか難しいのが実情です。
同じ業種で、同じ仕事なら収入維持は見込める可能性があるかもしれませんが、キャリアチェンジを考えるのなら、年収ダウンは避けられません。

そこで、転職ではなく起業も視野にいれるというのが、近年40代の方に見られる職の転換です。一から起業するとして、資金や人脈、起業のための申請届けなど事務的な作業。これらをすべて一人で行うのは一朝一夕では難しいでしょう。起業アイデアも必要ですし、事業計画も立てなくてはなりません。

ここで紹介する起業ビジネスは、経営指導つきのフランチャイズビジネスと呼ばれるものです。開業するための資金も提示されていて、開業に至る道筋も本部があなたに示してくれます。

開業前後の研修やノウハウ供給などサポートも充実しているので、未経験で独立をするときには有効です。