メガフランチャイジーになれる

編集部

メガフランチャイジーとは、「加盟店部門の店舗数30店舗以上、または加盟店部門の売上高20億円以上のフランチャイジー」と定義されています(フランチャイズ研究会、用語定義集より)。
また、メガフランチャイジーとは1つのブランドに対して複数店展開しているケースもあれば、複数のフランチャイズに加盟して店舗を拡大しているチェーンもあるなど様々です。
メガフランチャイジーになって一部上場を果たした企業もあるくらいで、中堅、中小企業が経営拡大するための効果的戦略として、メガフランチャイジーを目指すことは合理的とも言えるでしょう。また、法人化して事業拡大を目指す個人事業主の方も、ひとつの目標として目指すのもいいかと思います。
ここではメガフランチャイジーが加盟しているフランチャイズをご紹介します。