コンビニ開業・オーナー募集

まだまだ飽和じゃない、コンビニビジネスの特徴

国内50,000店を超えてもまだ出店を加速させ、まだまだ市場規模拡大中のコンビニ業態。(※(一社)日本フランチャイズチェーン協会調べ)なぜ店舗を増やし続けられるのでしょうか?少子高齢化・女性の社会進出による社会構造の変化に柔軟に対応し、これまでの小規模小売店からどんどん業態を変化させていることが一つの要因になります。コンビニの利用者層が変化すると出店戦略も商圏の考え方も変化し、売れる商品も変化します。今や社会のインフラとも言われるるコンビニ。まだまだ成長の見込みがあるでしょう。

流通大手企業のフランチャイズシステムを活用する

フランチャイズの代表格、コンビニ。ここまでの店舗数になると、加盟したが撤退した。という事例はどうしても出てきます。現在5万店を超えた店舗のうち大半は加盟オーナーが経営されている店舗。それでいて今尚店舗が増え続けています。ビジネスは競争ですので、成功が100%保証されているわけがありません。商品開発や物流システムがこれほど整っている業界、真のオーナーの役割とは?これを理解した上でコンビニフランチャイズを検討されるとご自身の経営の幅も広がると思いますよ。

参考コラム

「これからコンビニを考える全てのかたへ」