ニーズ拡大!テイクアウト特集

近年、ますます注目の形態!キーワードは中食?

飲食ビジネスでも、店舗型、フードコート、宅配…などなど様々な形態がありますが、近年、ニーズ的にも人気なのがテイクアウト!日本政策金融公庫の調査によると「近年1年間の収支がプラスの事業者」に共通する特徴で、テイクアウトの売上高が多く、テイクアウトの平均客数・客単価が増加傾向という結果がでています。 ここまでテイクアウトが伸びているのは、「中食」の定着です。中食とは、調理済み食品を購入して、家庭や職場で食べる事をいいます。まさにテイクアウトですね。週に1回以上、外食する割合はランチ38%、ディナーが30%なのに対し、週に1回以上、中食する割合はランチが35%、ディナーが27%と拮抗しており、外食と同様に中食が定着していることが分かります。市場規模も10年前から約15%の伸びがある成長市場です。 その中食市場が伸びた要因は、働く女性の増加、共働き世帯の増加、一人暮らし高齢者の増加などの社会背景が関わってきており、今後もどんどん成長する市場だといえるでしょう。

低資金開業が可能!起業のしやすさがビジネスの魅力

テイクアウトのお店を開業する魅力としては、なんと言っても初期費用が安く開業できるところ。テイクアウトなので、席をつくる必要もなく、通常の飲食店と比べると小規模の店舗面積で開業できるため、店舗にかかる費用が非常に少ないのが特徴です。また、接客担当の人材を確保する必要がなく、少ない人数で運営できるのも魅力。人材確保が困難な時代ですので、安心ですよね。 しかし、テイクアウトは、通常の飲食店とは違ったノウハウが必要です。例えば、立地の良しあしの違いがあったり、広告などのプロモーションの仕方、ターゲティングの違いもあります。 そのノウハウを提供してくれるのがフランチャイズ本部。これまでにテイクアウトで実績のある本部のノウハウをうまく利用すると、初期費用やランニングコストも安く、人材不足にも対応できるので、非常に独立・開業しやすい形態だといえるでしょう。