ノモメンテ 太子店 大北 元庸オーナー
ノモメンテのロゴ

ハウスクリーニングが自分の天職! 夜勤バイトから昼の仕事を求めてFC加盟

2016年8月に「ノモメンテ太子店」をオープンさせたオーナーの大北元庸(おおきた・もとのぶ)。現在ハウスクリーニングを天職と位置付ける彼ですが、じつは、掃除が特別好きなわけではありませんでした。そんな彼がハウスクリーニングで独立したきっかけから、開業後の収入まで包み隠さず語ります。

2足のわらじで切り盛りするも、家庭のある問題に直面

自動車学校のイメージ
自動車学校の教官をしていた前職時代

特別掃除が好きってわけではありませんが、ハウスクリーニングは私の天職なんです——。

そう語るのは、2016年8月にノモメンテ太子店(兵庫県)をオープンさせた大北。収入にして、初年度から手取りで約700万円を得ている彼ですが、決して掃除が好きでもなければ、得意なわけでもありませんでした。

学校を卒業後、飲食店などのアルバイトを転々としたのち、自動車学校で教官として社会人デビュー。

「もともとは老人介護施設の送迎バスの運転手募集の広告を見て面接に行ったんですが、そこのオーナーが自動車学校を経営していたんです。面接の際に『教習所で教官をやってみないか』と言われたことが入社するきっかけでした」(大北)

そうして、7年間、教官として働いたものの、ある理由で退職を決意。その後は、個人事業主として化粧品や健康食品の卸販売を生業とします。

「少子化の影響もあり、教習所の給料を減らされてしまったんです。そんな将来に不安を感じていたところに誘いを受け、教習所の教官として働くよりも将来性を感じたので個人事業主として独立することにしました」(大北)

しかし、売上を維持することができず、4年ほどで事業を畳むことに……。

その後は、コンビニやスーパーなどの夜間清掃をするアルバイトをメインに食いつないでいた大北。そのすきま時間に細々と健康食品の販売をすることで、家族を養うだけの十分な収入を得ていたのです。

しかし、そんな大北家にある問題が発生します。それは、小学校に入学する子どもの登校拒否でした。

「じつは、現在小学校2年生の子どもがいるんです。小学校に入学するタイミングで、『学校に行きたくない』と言い出して……。検査やカウンセリングなど、いろいろな手を尽くしたんですが、行きたくない理由が分からなくて。むりやり行かせるわけにもいかず、子どもが望む通りにするには、自分が先生の代わりになって勉強を教える必要がある。そうなると、昼間にもある程度自由のきく仕事をしないといけないな、と」(大北)

夜勤の仕事をやめたいと検討した時に、ハウスクリーニングが候補になった理由

ビルの夜間清掃アルバイトのイメージ
長年続けていた夜間清掃のアルバイトから昼間の仕事への移行を決意

そうして、10年近く続けてきた夜間清掃のアルバイトを辞め、昼間にできる仕事を検討しはじめた大北。その時に候補に上がったのが、ハウスクリーニングだったのです。じつは、ハウスクリーニングで起業や独立しようと考えたのは、大北にとってはじめてではありませんでした。

「高校を卒業してすぐに地元の兵庫から上京したんですが、お金も経験もない状態で起業できる仕事はないか考えた時に、興味を持ったのがハウスクリーニングでした。でも、当時はその起業資金すらなくて断念してしまったんです」(大北)

その後も、ハウスクリーニングへの潜在的な思いが消えることのなかった大北。以前、自身がハウスクリーニングを依頼した時に、その思いを再認識していました。

「ノモメンテではありませんが、加盟前に自宅のエアコンの清掃をハウスクリーニング業者に依頼したことがあるんです。その時に作業をしてくれた作業員の手際の良さや、作業後にエアコンから吹き出てくる風の気持ち良さに感動した経験があって。その時、『こういう仕事ができたらいいな』って思ったことがあったんですよね」(大北)

ハウスクリーニングを仕事とするにも、まだそのときには、フランチャイズに加盟するという方法があることを知らなかった大北、それから数年のあいだ、その思いを叶えられずにいたのです。

そんな過去の思いから、「やるならハウスクリーニングの仕事だ」と新たなフィールドを探しはじめた大北に、ある転機が訪れます。

「ノモメンテのエアコンクリーニングの求人に応募したんです。その際、野元社長に面接をしていただいたんですが、『近々、フランチャイズ展開をスタートさせるので、アルバイトではなくフランチャイズオーナーとして独立してみませんか?』というお話をいただいたんです」(大北)

これだ、これが俺の望んでいた仕事じゃないか——それまで、ハウスクリーニングという職業に思いを馳せていた大北にとって、ハウスクリーニングでの独立はこれまでにない大チャンス。昼間の仕事を探していたタイミングということもあり、二つ返事で加盟を決定させるのです。

「夜間清掃の仕事をしながら、むりのない程度に昼の仕事を増やすなど、いろいろな可能性を模索したんですが、あまり現実的ではないな、と。とはいえ、希望の額を稼げる昼間の仕事も見つからなくて……。そんななかでノモメンテのエアコンクリーニングの話を聞きにいったんです。そしたら興味のあるハウスクリーニングの仕事で独立できるということで、すぐに加盟を決断しました」(大北)

FCに加盟してハウスクリーニングが天職であることを実感

大北の作業車両に積まれた清掃道具
大北の作業車両に積まれた清掃道具

そうして2016年5月、大北が45歳の時に加盟したのがノモメンテなのです。決して、掃除が好きだったり得意だったりするわけではなかったものの、加盟後に受けた研修の時点でハウスクリーニングが「天職」であることを実感するのです。

「研修期間中は、道路が渋滞すると困るので毎朝5時には家を出て、遅いと20時までかかったりする日もありました。もともと掃除が好きなわけではないんですが、掃除をしていると没頭しちゃうんですよね。長時間にわたる研修なので、体の疲れはもちろん否めませんが、終わった時の気持ち良さが格別なんです」(大北)

さらに、自動車教習所時代も、教官として働きながらも「掃除ばかりやっていた」と振り返ります。

「思えば、教習所で教官として働いていた頃も、教習コースを整備したりトイレ掃除をしたり。とくに閑散期は掃除ばかりしていたんですよね。自宅の本棚を見ても、掃除に関する本が異常に多いんですよ(笑)。アルバイトを含めていろんな仕事を転々としてきましたが、ようやく天職に出会えたなって実感しています」(大北)

加盟から3ヶ月後の2016年8月に「ノモメンテ太子店」をオープン。ノモメンテのフランチャイズに加盟したことで、大北の身体的疲労はもちろん、大北家にとって課題となっていた部分を克服できたと喜びの声をあげています。

「夜間から昼間の仕事にシフトできただけでも体がラクで気持ちがいいですね。また、子どもをはじめとした家族との時間が増えたことも大きなメリット。夜間清掃の仕事をしていたら昼間は寝ていることが多いので、子どもに勉強を教えることもできません。が、ノモメンテは営業不要なので、空いていればその分を家族の時間にあてることができるんですよね」(大北)

ノモメンテのフランチャイズの特徴でもある「営業不要」。案件はすべてFC本部が紹介する仕組みを提供しており、加盟オーナーは一切の営業を必要としないため、掃除に集中することができるのです。

収入は加盟前のおよそ1.5倍! フランチャイズ加盟の不安を一蹴

大北の愛息子の写真
加盟したことで、以前は難しかった小学校2年生になる愛息子との時間を確保できているという大北

とはいえ、一家の大黒柱として、家族3人を養えるだけの十分な収入を得る必要がある大北。将来的には「老後資金の5000万円」を貯めたいと言います。なので、身体的にラクになったり家族との時間が増えたりしても、収入が追いついてこないようでは意味がありません。

「初年度は手取りで700万円くらい。夜間清掃時代が月30万円で、それ以外にも健康食品の販売をしていたので、年間トータルで500万円くらいでしたが、加盟1年目にしてその時の1.5倍くらいは稼いでいる計算ですね」(大北)

2年目となる今年度も、初年度と同じく700万円くらいを想定している大北。現在は大型案件を専属で担当していることもあり、金額的にも満足しているといいます。

「正直、加盟する前はフランチャイズに対して加盟金を振り込むだけ振り込んで、それすらも回収できないようなイメージを抱いていました。ですが、加盟してその印象はガラリと変わりました。ただ加盟金を振り込むだけでは、当然、成功なんてしないんですよ。結局は自分のできることを増やしていかないといけない。成功するもしないも、すべて自分次第なんだな、と」(大北)

加盟からおよそ2年が経った大北ですが、近々の目標は、手取り額で1000万円と語ります。それを達成するためには、より多くの追加案件や紹介を受ける必要があり、そのためにも、自分自身に“ある課題”を課しているのです。

「お客さまに喜んでもらいたいですし、追加依頼や紹介をいただいたりするためにも、清掃スキルはもちろん、接客の面でもご満足いただかないといけない。短い時間でお客さまと信頼関係を作るために、心が通じ合えるようなコミュニケーション能力を身につけることが課題ですね」(大北)

将来的にはエリアを拡大するとともに、スタッフを増やしていくことも見据えている大北。天職であるハウスクリーニングで、理想のライフスタイルや収入を現実のものとしてきた彼であれば、この目標を実現させるのも、そう遠い未来ではないかもしれません。


下請け専門!ハウスクリーニング事業「ノモメンテ」独立開業ストーリー (2018.6.3)
※掲載情報は取材当時のものです。



このストーリーに関連するビジネス

FC開始から僅か1年で60店舗を突破し、ハウスクリーニング業界内でも勢いのあるブランド!急成長の秘密は、ノモメンテ自体が下請け専門会社のため、加盟店は営業不要というパッケージです。仕事は本部からの紹介。営業に時間を取られる事なく、安定して仕事があるのが魅力です。

ノモメンテの
オーナー募集情報はコチラ

ノモメンテ 太子店 大北 元庸オーナー

記事は気に入っていただけましたか?
「いいね!」で応援よろしくお願いします

新着情報をお届けします♪