トライプラス 柳川校/玉名校 オーナー 田中 智浩
トライプラスのロゴ

大手FC塾で18年のオーナー経験がある男が「トライプラス」を選んだ理由とは?

「トライプラス柳川校」と「トライプラス玉名校」の2校を展開する田中智浩オーナー。過去には、同じくフランチャイズ展開している個別指導塾で18年間の経営経験を持つベテランオーナーです。以前の塾を経営しているときはライバル視していたトライプラスに加盟した理由について語ります。

大手FC塾で培った18年のオーナー経験

教室のイメージ
大手の個別指導塾FCで18年間オーナーを務めていた田中オーナー

「大手のFC塾オーナーだった頃から、トライのことは気になってたんですよ。だって、認知度が高いじゃないですか。当時からCMがバンバン流れてたので、インパクトが強かったんですよ。近所には『家庭教師のトライ」の前進となる『九大(九州大学)トライ』や『佐大(佐賀大学)トライ』なんかもあって、生徒はもちろん講師も取られることがあったりしましたね。正直、トライのことをライバル視してたんですよ(笑)』(田中オーナー)

そう感慨深げに話すのは、「トライプラス柳川校(福岡県)」と「トライプラス玉名校(熊本県)」の2校を展開する田中オーナー。2013年にトライへ加盟する以前は、他の個別指導塾にフランチャイズ加盟し、18年もの間、オーナー教室長を勤めた経歴を持つ人物です。

そんな彼が、フランチャイズ加盟し、塾オーナーになったのは1991年。バブル経済が崩壊した直後のことでした。

「ずっと不動産関係の仕事をしていたんですよ。当時は景気も良かったので、その時の経験を元に同じく不動産関係で独立をしようと思ってました。でも、バブルがはじけて不動産関係の仕事では先行きが不安になって……。知り合いが以前の個別指導塾にフランチャイズ加盟していて、経営状況についても詳しく聞いていたんです。毎月の経費や売上なども含めて全部聞いていたので、それだけの収益になるなら魅力的だな、と。それで、個別指導塾にシフトをしました」(田中オーナー)

そうして個別指導塾のオーナー教室長として独立を果たした田中オーナー。しかし、当時は学習塾といったら集団塾が一般的な時代です。当然、すぐに生徒が集まることはありませんでした。

「今だったら、個別指導ということが入塾のきっかけになりますが、当時は集団塾が一般的で個別指導塾自体が珍しかった。今みたいに個別指導塾が認知されていたわけではなかったので、なかなか生徒が集まりませんでしたね……」(田中オーナー)

しかし、その後は順調に生徒数が増加。順風満帆な塾経営をしていた田中オーナーに転機が訪れるのです。

「大阪にいる知り合いから、『大阪で仕事を手伝ってくれ』って言われたんです。どうしてもということだったので、それまで18年間経営していた塾を閉め、大阪に行くことにしたんです。でも、それも3年ほどで辞めることになり、結局また九州に戻ってきました」(田中オーナー)

開校準備が遅れ、生徒が集まらないピンチに直面

トライプラスの授業風景
トライプラスの授業風景

九州に戻ってきたのはいいけど、次は何をしようか——そう自問自答した末に出したのは、18年の経験がある個別指導塾の経営でした。とはいえ、以前と同じ塾ではなく、トライプラスに加盟したのには理由がありました。

「以前の個別指導塾では開業したいと考えていたエリアが埋まってたんですよ。なので、その時点でほかの個別指導塾に加盟しよう、と」(田中オーナー)

そこで彼は、子どもを塾に通わせたい親のフリをし、直接、自身の目で教室の雰囲気を確認する作戦に出ました。

「2社くらいは直接見ましたかね。でも、トライプラスは近所に教室がなかったので見れなかったんですよ。なので、資料を送ってもらって、その後に開発の方とお話をしました。以前の塾を経営している頃からCMや広告などで印象が強かったですし、その時には何となくですがトライプラスに決めてましたね。。それと、先々のヴィジョンなども明確で、こういう人が本部にいれば安心して経営していけるなって思ったんです。しかも、登録講師が13万人もいるので、講師不足に悩まされることはない、と」(田中オーナー)

そうして、田中オーナーが福岡県柳川市に「トライプラス柳川校」を開校させたのは2013年4月のこと。トライプラスの知名度と、これまでの経験を活かせば難なく経営していける――そう意気込んで開校させたものの、開校当初は生徒が集まらずに苦戦を強いられることになるのです。

「開校した4月に入塾したのは2人だけ。5月に入っても2人で、6月にようやく6人。開校前は3ヶ月で30人を想定していたんですが、蓋を開けてみたら10人だけでしたね……。以前の塾のときは2月から折込チラシを入れていたので、保護者が塾を探しはじめる3月ころにはある程度認知されていて、開校してすぐに生徒が集まっていました。でも、柳川校のときは準備が遅れてしまい、開校したのが4月中旬ということもあり、周知活動ができなかったので、ちょっと不安になりました。」(田中オーナー)

トライプラスに加盟してから2年後に2教室目を開校

トライプラス玉名校
2校目としてオープンした「トライプラス玉名校」

開校当初こそ生徒を集めるのに苦労をしたという田中オーナーですが、夏期講習のタイミングで続々と生徒が集まり始めました。

「夏期講習のタイミングで生徒が増え、7月に15人で8月に13人と、2ヶ月で30人近くが入塾して合計40人ほど集まりました。トライプラスの方針で、開校初期のタイミングで折り込みチラシをバンバン撒くんです。もちろん、その分の広告代はかかりますが、加盟の時点でその分の費用を本部に預けているので、金銭面で心配することはありませんでしたね」(田中オーナー)

そういった甲斐もあって、順調に生徒を増やすことに成功。その後も、「生徒数に困ることはなかった」と振り返ります。そして、「トライプラス柳川校」の開校から2年、田中オーナーにとって2校目となる「トライプラス玉名校」を熊本県玉名市に開校させることになるのです。

「以前の塾のときは1教室だけだったんですよ。でも、トライプラスに加盟したら、オーナー兼教室長ではなく、人を育てて複数の教室を展開していきたいなって考えていて。そのほうが経営的にも安定しますからね。玉名校を開校させた頃にはオーナー業のみになっていたので、それ以降は週に2~3回くらい教室に行って顔を見せる程度。教室長などスタッフの育成がメインですが、ぼくが毎日いたら煙たがられちゃいますからね(笑)」(田中オーナー)

しかし、この玉名エリアは多くの個別指導塾がひしめく地域。いわゆるレッドオーシャンのエリアなのです。

「競合と肩を並べてどこまで戦えるかという不安な一面もありましたが、それだけ需要があるということ。以前の個別指導塾で18年の経験もありましたし、何より2校目ですから、競合と肩を並べても『勝てる』という感覚的な自信はありましたね」(田中オーナー)

25年間塾業界に関わってきて感じるトライプラスの強み

教室長の育成に尽力する田中オーナー
教室長となるスタッフを育て、今後も拡大を目指す田中オーナー

1教室目と同様、開校準備が遅れて苦労したものの、その後は順調に生徒数を増加させている「トライプラス玉名校」。

「2年目を迎えるころに入塾の問い合わせが増え始めました。それくらいからようやく認知されてきたんだな、と。生徒数が80人に到達したら3教室目を開校しようと考えてましたが、春期講習や夏期講習のタイミングで到達する勢いなので、来年の春に開校しようと考えています」(田中オーナー)

これまで、別の個別指導塾で18年、トライプラスで5年半ほどのオーナー経験を持つ田中オーナー。同じ塾経営ということで「基本的な業務などは変わらない」と振り返りますが、トライプラスのインパクトのあるCM効果などは大いにメリットに感じているといいます。

「以前の塾でオーナーをしている頃から思っていましたが、やっぱりテレビCMの影響で全国的な知名度が高いのは大きいですね。また、以前の個別指導塾は教師に対して生徒の割合が1対3とか1対4だったんですが、トライプラスは1対2の指導なんです。なので、より生徒に寄り添った授業ができる。つまり、生徒にも親御さんにも満足いただける可能性が高いんです。以前の塾のときは『先生を独占できない』という理由で、家庭教師に流れていたことも珍しくなかったですからね……」(田中オーナー)

現在は3教室目の開校に向けてマーケティング調査を進めている田中オーナー。夕方の時間を見計らい、自宅周辺や福岡市内のエリアに自ら足を運んで調査をしているそうです。

「どういう塾が流行っているのかっていうのを、自分の目で確かめたいんですよね。とはいえ、毎日やっているわけではなく、マーケティング調査もしなければ教室にも顔を出さず、平日に休むことだってあります。日曜日は休みなので家庭菜園を楽しんだりしていますよ」(田中オーナー)

塾業界に携わっておよそ25年にもおよぶ田中オーナー。ますます少子高齢化が進むと言われる昨今ですが、「受験率は増加していて、一人あたりの教育にかける金額はこれからも上がっていく」と予想しています。事実、最近では集団塾が減っていく一方で、個別指導塾が増えているのが現状です。この流れがそのまま続くことで、「ネガティブ要素になることは一切ない」と胸をはって答えます。1教室目と2教室目同様、3教室目も順調に生徒を集め、それを証明してくれることでしょう。


個別指導30年の実績とノウハウ!「トライプラス」独立開業ストーリー (2018.11.11)
※掲載情報は取材当時のものです。



このストーリーに関連するビジネス

個別指導において30年の実績とノウハウを持つ「家庭教師」のトライが「個別指導塾」にフィールドを広げ全国展開中。トライさん×「アルプスの少女ハイジ」のCMは見たことがあるはず。そのブランド力を活かした集客力が魅力の個別指導塾ビジネスです。

トライプラスの
オーナー募集情報はコチラ

トライプラス 柳川校/玉名校 オーナー 田中 智浩

記事は気に入っていただけましたか?
「いいね!」で応援よろしくお願いします

新着情報をお届けします♪