おそうじ革命 専務取締役 馬場龍太
おそうじ革命のロゴ

「掃除のできる商売人」を育てるために——おそうじ革命が45日間の研修に込めた想い

創業当時、半年から1年を要した研修は、技術力に特化した内容でした。しかし、集客力に不安を感じるオーナーが目立ったことから、2017年6月、集客力も強化した45日間の新研修パッケージをリリース。どのような経緯でリリースされたのか。おそうじ革命のFC黎明期から事業を支えている専務取締役の馬場龍太が語ります。

独立後のことを本気で考えているから絶対に後悔させたくない

ガッツポーズのおそうじ革命オーナー
研修後に独立したオーナーは撤廃・廃業ともにゼロ

おそうじ革命が創業から7年で1400パーセントと圧倒的な売上成長率を誇る背景には、「技術力とサービス力」にあると考えています。それを支えていたのが、長期にわたる研修プログラムでした。同業他社では3日や1週間、長くても2週間くらいが一般的ですが、「おそうじ革命」の開業前研修は半年〜1年にもおよびました。

中には、長すぎると感じる方も少なくないかもしれません。しかし、お客様のニーズに応えるだけの技術力とサービス力を習得するには、これくらいの期間が妥当であると考えてきました。なぜならば、ハウスクリーニングは技術職だから——。

研修を終えていざ独立をしても集客ができなければ、学んだ技術は宝の持ち腐れです。もしその状態で独立をしてしまったら、苦しい経営環境が待っているだけ。当社ではSNSなどを活用したWeb戦略や営業活動を通じ、あらゆる側面から集客を行なっております。そうして本部で獲得したお客様をフランチャイズオーナー様にご紹介する「顧客紹介制度」もおそうじ革命の特徴の1つです。中には、年間500件以上を紹介しているオーナー様もいらっしゃいます。

とはいえ、この制度により獲得した売上の一部は紹介料として本部へ支払う必要があります。ですので、自身で集客をしたほうが利益率が高いのは言うまでもありません。

「より効率的に売上を上げてもらう意味でも、やはりオーナーさんには自身で集客できるようになって欲しいという思いはありますね」(馬場)

そこで、加盟店側での案件獲得向上の為に、集客力部分をパワーアップさせた新研修パッケージを構築し、2017年6月よりスタートさせました。従来の半年から1年間の期間を要した研修を45日間にギュッと凝縮した短期決戦のパッケージ。これまで幾度となくブラッシュアップを重ねて作り上げた、いわば集大成とも言える研修パッケージ誕生の経緯を遡ってみたいと思います。

本気だからこそ、半年〜1年を要した当初の加盟店研修

研修中の「おそうじ革命」専務取締役・馬場龍太
研修のベースを作り上げた「おそうじ革命」の専務取締役・馬場龍太

「おそうじ革命」のフランチャイズ展開がスタートしたのは2013年11月のこと。現在の研修のベースとなっているキッチンやレンジフードなど、12項目がこの当時の研修のメイン項目でした。そして、この12項目を作り上げたのが、専務取締役として「おそうじ革命」のフランチャイズの立ち上げから携わっている馬場龍太です。

「さらに細かく項目分けしたら、15項目や20項目になってしまいますが、過不足のない内容を考えたらこの12項目だったんです」(馬場)

この12項目をOJT研修により徹底的に身につけていただく。そして、項目ごとに自己申告制で試験を実施したら、馬場をはじめとした本部スタッフなどが合格か否かを判断する。12項目すべてに合格しないと、フランチャイズオーナーとしての資格を与えることはできません。

一見、「半年や1年も必要ないのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、早い方でも5ヶ月ほど、ハウスクリーニング業界の経験者でもおよそ3ヶ月半は要するほど、難易度の高い試験なのです。

「もともと、代表の福井が前職のハウスクリーニング時代、掃除のクオリティに疑問を感じて『おそうじ革命』をスタートさせているので、合格の基準がかなり高いんです。ホコリはもちろん、髪の毛1本も許されないレベル。見えないところもピカピカにするのが当社のスタンダード。私が研修を受けていた当時は、やり直しの連続で夜中まで帰れないこともよくありましたね」(馬場)

これだけで終わらないのが当時の研修内容です。自身が掃除の技術を身につけたら、今度はスタッフを育成するための技術を身につけていただいていました。さらに、技術だけでは独立してから苦労することが目に見えているので、集客するための営業研修も含まれていたのです。

「技術」「人材育成」「営業」の3本柱で構成されていた研修。これが、半年から1年もの期間を必要とした理由です。

しかし、当時は「フランチャイズ」のことを右も左も分からずにスタートさせたことから、予想外の事態に見舞われることになるのです。

手厚すぎた研修内容や想いが裏目になったことで、見直しを図ってシンプル化

バスタブを磨き上げるスタッフ
「技術」をメインにした新たな研修内容にブラッシュアップ

フランチャイズ展開がスタートした当時は、まだまだ数名の小規模体制。知名度もまだまだ低いため、できるだけ多くの方に「おそうじ革命」の良さを知ってもらい、パートナーになって欲しい——こういった思いから、一般的には「先払い」である加盟金を「後払い」に設定していました。しかし、この思惑が仇(あだ)となり、研修中に逃げ出す方が多くいらっしゃったのです。

「そもそも合格基準がかなり厳しかったんですが、研修期間の長さや、研修スタート時点で資金投資がないことによる加盟動機の軽さも相まって、技術を習得したと勘違いした方が途中で研修を投げ出し、『おそうじ革命』とは関係ないところで勝手に独立するパターンが頻発しちゃったんです。とはいえ、まだ未熟なレベルであることは間違いないので、2〜3ヶ月で潰れることがほとんどだったんですけどね」(馬場)

その結果、加盟金を現在と同じ先払いに変更。しかし、「おそうじ革命」の特徴でもある、技術力を身につけていただくための研修だけは妥協できない……。そこで、「技術」「人材育成」「営業」の3本柱だった研修のうち、「技術」に比重を置いた内容でシンプル化することにしたのです。フランチャイズ展開のスタートから1年が経過した2014年のことでした。

「我々の理想とする技術レベルまで求めるのが加盟希望者にとって幸せなのか。本部としても加盟していただくからには成功してほしいという思いだったんですが、正直理想が高すぎるところがあったので、必要十分なところで線を引いておかないと、今後も投げ出してしまう方が減ることはないな、と」(馬場)

そうして新たな研修内容で再スタートを切った「おそうじ革命」。その後は研修を途中で投げ出す方がほぼいなくなると共に、フランチャイズ展開が軌道に乗り始め、その後の2年間で加盟店がおよそ60まで急増します。しかし、加盟店が増えたことで、技術力やサービスとはまた違った新たな課題が浮上するのです。

顧客紹介制度に頼らない本物の商売人へ——本部の培ったノウハウを凝縮

おそうじ革命のバイク便
45日の研修を通じて掃除の、そして商売人のプロ集団に

「技術に特化した研修ということで、ハードルが下がると共に加盟店も増え、掃除職人を育成することには成功したんです。しかし、いざ研修を終えて独立しても、集客に悩む加盟店が目立ってきました。OJTで教えてはいるんですが、それがなかなか実を結ばない……。顧客紹介制度で本部から仕事を振っているので、初月から売上が60万円以下になった加盟店はいないんですが、紹介案件に頼りすぎると利益率が低いので、効率的ではありません」(馬場)

そこで、「技術力」に特化していた研修を、「技術力」はそのままに「集客」の要素を強化した内容にブラッシュアップ。しかも、これまで半年〜1年間も要していた期間を、45日間にギュッと凝縮した新たな研修パッケージを2017年6月にリリースすることになったのです。

「『おそうじ革命』のフランチャイズ展開がスタートして3年半が経ちました。今までの集大成として、削れるところを極限まで削ったのが現在の研修パッケージです。期間は大幅に短くなっていますが、これまでの技術レベルを落とすことなく『掃除のできるプロの商売人』を育てるには十分すぎる内容になっています」(馬場)

「おそうじ革命」が創業からの7年間で1400パーセントの売上成長率を達成したのは、本部の技術指導力やサービス力があったのはもちろん、集客力があったからこそ——。

この本部のノウハウを加盟店にも落とし込むため、研修の初日から講師を招いてSNSの活用やSEO施策など、Web集客について学んでいただきます。さらに、トークスクリプトを用いたテレアポ研修を行なうことで、能動的な集客力もしっかり身につけていただく。結果、集客力に悩むことなく安心して独立していただける内容となっています。

しかも、従来の半年から1年の長期におよぶ研修の場合、研修期間中の宿泊費や生活費などを理由に加盟を諦めていた方も多くいらっしゃったはずです。しかし、45日間であれば本社がある都内近郊以外の方でも研修にご参加いただけるのではないでしょうか。

今後は日本全国に加盟店を増やしていくだけでなく、中国や東南アジアをはじめとした世界各国で展開していきたいと考えています。とはいえ、技術力の伴っていないオーナーを増やす誇張路線ではなく、掃除のできるプロの商売人を育てて廃業者や撤退者を出さないことが当社のミッション。

「おそうじ革命」に関わるすべての方が幸せになることを使命と捉え、単なる「おそうじ」ではなく「KIREI」を通じて「家庭や社会における笑顔を創出」すること。やがては「ニッポンのKIREI」で世界を豊かにするため、加盟店と共に成長し続けます。

※本記事の前編はコチラ
売上成長率7年で1400%——「おそうじ革命」FC躍進の立役者は掃除と無縁だった


そうじの出来る商売人を育てる「おそうじ革命」本部ストーリー ― 2017.11.13



このストーリーに関連するビジネス

オーナーが独立・開業した後を、本気で考えているおそうじ革命。特徴はなんといっても「そうじ職人ではなくそうじのできる商売人を育てる」研修システム。技術だけでなく、集客のための研修もおこない、研修時に獲得した顧客は開業後に自分の顧客になります。また、本部からの顧客紹介も魅力!

おそうじ革命の
オーナー募集情報はコチラ

おそうじ革命 専務取締役 馬場龍太

記事は気に入っていただけましたか?
「いいね!」で応援よろしくお願いします

新着情報をお届けします♪