メガフランチャイジー (メガフランチャイジー)

複数の異なったフランチャイズ本部にいくつも加盟していたり、フランチャイズの加盟店となり、その業務が事業の中核となっている企業のことです。

では、いくつの本部に加盟していたらメガフランチャイジーなのか、その業務でいくら売上があればメガフランチャイジーなのかといった明確なラインがあるわけではありません。

中小企業診断士の集団としてフランチャイズ事業に関わっている「FC研究会」では、メガフランチャイジーを”30店舗以上展開、或いはフランチャイズでの売上額20億円以上の企業”と定義しているようです。

歴史としては、最初はいち本部へのFC加盟だったのが、成功をおさめながら次々と異業種のチェーンに加盟していった結果、複数チェーンの加盟店に育っていったという例があります。
最近ではもっと積極的にメガフランチャイジーになることを事業の柱にしている企業も多いようです。 

同一業種業態のフランチャイズに複数加盟することは、契約上困難です。競合へのノウハウ流出を恐れる本部は、それを許可しないでしょう。

しかし、業種業態が違っていれば、複数の本部に同一企業が加盟することはそう難しいことではありません。むしろ、加盟店としてのノウハウをたとえ業種業態が違っていたとしても活かしていくことができますから、メガフランチャイジーへの道は必然とも言えます。

ともすると、メガフランチャイジー企業は、あまり運営ノウハウが蓄積されていない本部よりも、よほどフランチャイズの知識やノウハウに長けていることがあります。その結果、そして最終的には自分自身がフランチャイズ本部になってしまったという例もあります。

多くの異業種チェーンに加盟して新規事業を展開していった結果、様々なノウハウと同時にFC本部を運営できるだけの人材が育っていったのも大きいでしょう。

主なメガフランチャイジー

東急グループの株式会社グルメフロントは飲食を中心としたメガフランチャイジーです。ケンタッキーフライドチキン、ドトールコーヒーショップなどに加盟しています。

株式会社アシストも古くから飲食を中心にフランチャイジーとして活動しており、自らも飲食店を経営しています。

株式会社マンツーマンアカデミーは上記2社とは違い、同一本部内で多くの店舗展開をしているメガフランチャイジーです。

メガフランチャイジー企業は多く存在しますが、株式会社ヴィアンは会社案内中で社長自らが、自社をメガフランチャイジー企業であると語っています。

メガエフシーシステムズ株式会社は、会社名そのものでメガフランチャイジーを名乗っています。社業は古く、牛丼の吉野家の加盟第一号店として有名です。現在は飲食にとどまらず介護などのサービスフランチャイジーとしても事業展開しています。

メガフランチャイジー (メガフランチャイジー)

有名企業をはじめとする100社以上のFC加盟募集情報を掲載しています。
あなたの気になるフランチャイズ(FC)の加盟募集情報をチェックしたり、資料請求(無料)を行うことができます。