知って得する雨どい修理事情! 保険適用で実質0円?業者選びが重要な理由

フランチャイズWEBリポート運営部 |2019.03.14
あまどい屋のフランチャイズに加盟されたオーナーの写真

マイホームの購入というのは多くの人の夢や目標となっていますが、当然のことながらマイホームは買って終わりではなく、その後数十年に渡って苦楽を共にしていく存在です。

念願かなって手に入れたマイホームをより綺麗な状態に保つためには、こまめなメンテナンスが必要不可欠。特に日本は梅雨や台風など、雨風に打たれる日が少なくないため、雨どいが劣化しやすい傾向あります。

今回は、雨どい修理を検討されている方に、失敗しない雨どい修理業者の選び方をご紹介します。

じつは住宅にとって重要な役割を果たしている「雨どい」

雨どいが壊れたら、早めの修理が必要

雨どいとは、屋根を流れる雨水を集め、任意の場所に導く排水部材のことで、屋根から落ちた雨水が、建物の外壁や土台を傷めることを防ぐ役割があります。

「雨ぐらい、放っておいても大丈夫じゃないか」と思われる方もいるかもしれませんが、雨どいが無い状態で雨が降ると、屋根全体から滝のように水が降り注ぎ、地面を浸食します。

水が跳ねる程度の被害であればまだ良い方ですが、地面の浸食によって水たまりができたり、仮に地面がコンクリートやタイルの場合であっても削られていくのにそれほど時間は掛かりません。最悪の場合は跳ねた水や泥が家に付着し、家そのものの寿命を縮めてしまうこともあります。

雨どいは、家を構成する部材の中でも、かなり重要な部類に入るものなのです。そのため、もしも壊れてしまった場合は、すぐに修理をしないといけません。

雨どいの修理が実質0円でできるって本当?

雨どいは重要な部材であり、また設計も非常にシビアなものですので、基本的にはDIYで自分で直すのではなく、業者に修理を依頼した方が無難です。

修理費用に関しては、破損具合がどれぐらいか、どの部分を修理しなければいけないか、などによって異なってくるのですが、比較的軽めの修理であれば、2~30,000円程度が妥当なライン。もしも雨どい全部を交換するようなことになると、数十万円~100万円以上の費用が掛かる場合もあるので覚えておきましょう。

雨どい修理は火災保険を適用できる場合も

ちなみに、台風や雷、突風などの自然災害で雨どいが破損した場合は火災保険が適用できる可能性があります。状況や保証額は異なりますが、火災保険を適用できれば、実質0円で修理ができることもありますので、修理の際には保険の対象になるかどうかをまず調べるようにすると良いですね。

雨どい修理を業者に頼む際の注意点

上記の相場感を知っていればある程度回避できる部分もありますが、雨どい修理を行う業者の中には、法外な値段を請求してくるところもあります。詐欺業者に当たってしまうと、直るはずのものが直らなかったり、必要ない箇所まで修理が必要といわれ、費用が高騰してしまう可能性も少なくありません。

そして、費用の相場を知っておくことも大切ですが、対応や見積もりなどの情報を細かくチェックし、怪しいと思ったらすぐに断るようにしましょう。ネットなどで事前に情報を仕入れておくのもおすすめです。

FC業界初の雨どい専門の修理店「あまどい屋」

悪徳業者につかまるのがどうしても不安な方は、「あまどい屋」を利用するのも良いでしょう。あまどい屋はFC業界初の雨どい修理の専門店で、確かな技術と業界内では少ない明朗会計を強みにしており、施工前には3枚の契約書を交わすなど、利用者にとっての安心を考えています。

雨どい修理を専門におこなうからこそ、それ以外の部分への不必要な修理提案もなく、安心して任せることができるでしょう。

あまどい修理のビジネスとしての可能性

近年は異常気象なども影響もあり、家に対するダメージがますます大きくなってきており、雨どいを修理しなければならないという事態も今後起こりやすくなるでしょう。

そのため、あまどい屋のような修理を専門とするビジネスはこれからますます拡大していきます。そして、悪徳業者などの噂や評判が広まるにつれ、あまどい屋のようなクリーンにビジネスを展開している業者のニーズは高まっていきます。

あまどい屋ではフランチャイズ展開をしており、本業としてだけでなく副業として始めることのできるプランの用意されています。新規のオーナーも積極的に募集していますので、今度は自分が修理する側に立ってみるのも、おもしろい選択肢と言えるかもしれませんね。


あまどい屋のフランチャイズに加盟されたオーナーの写真

記事は気に入っていただけましたか?
「いいね!」で応援よろしくお願いします

新着情報をお届けします♪