代理店契約型ビジネス

編集部

契約タイプの違いにより活用方法も変わる

当サイトでメインに紹介しているフランチャイズは独立開業・新規事業立ち上げの1つの手段。他にも代理店や暖簾分け、ライセンス型、などなど言葉は様々ですが本部(自身・自社とは別の企業)が持つノウハウや商材を武器に事業を行えるモデルがあります。代理店は主に商品の販売等を企業との委託契約によって請け負う営業スタイルとなります。

契約スタイルを意識して活用する

代理店契約はフランチャイズとは異なり、本部の商材を扱えるもののロイヤリティの支払い義務がないケースが多く、副業や自社のメイン商材とは別の商材を顧客に提案することが可能となります。ロイヤリティの支払いがない分、スーパーバイザーからの経営支援がないケースもあるので、あくまでも営業を強化できるツールとして認識おいても良いかもしれません。契約形態による違い、とことん活用してください!