ビジネスパートナーを選ぶなら上場企業が安心!ハウスドゥ!は東証一部上場企業です。

安心を求めるなら東証一部上場企業をパートナーに!

フランチャイズ加盟は、いわば、本部と運命を共にすることです。もし、本部が倒産してしまっては元も子もありません。では、どの本部に加盟すればよいでしょう?1つの判断基準として、本部の企業規模があげられます。ハウスドゥ!は2016年12月8日に東証一部に市場変更を果たし、店舗数は業界NO.1と企業規模は日本最大級。さらに、上場企業ならではのメリットもあります。今回は上場企業としてのハウスドゥ!の魅力にフォーカスします。

安心できるビジネスパートナーを選びたい

失敗したくない!なにを基準にパートナーを選んだらいいの?
東証一部上場のハウスドゥ!をご検討ください!
2016年12月東証一部上場!

社会的に信用がある上場企業

日本での中小企業は約381万社存在し、中でも東証一部企業はたったの2000社。特に審査基準が厳しい一部に上場している企業は、知名度・社会的信用も高くなり、安定した企業だと言えるでしょう。ハウスドゥ!は2016年12月8日に東証一部に市場変更を果たし、規模、資金力、信用力を活かしたプロモーションを加速させ、オーナーへのバックアップにつなげています。

店舗数業界NO.1!全国約500店

ハウスドゥ!は2006年にフランチャイズ募集を開始してから、現在まで、多くのお客様に支持され、多くの加盟店様にも支持されてきました。いまでは、業界NO.1の店舗数を誇り、全国500店舗を目前にしています。また、加盟店の約70%は業界未経験からの参入。ハウスドゥ!のノウハウやシステムがあるからこその実績です。

上場企業だからこそのバックアップ

ハウスドゥ!の3大バックアップ体制

プロモーション

元プロ野球選手古田敦也氏を起用!

古田氏を起用したプロモーション

不動産業界は顧客からの信用を得ることが最も重要です。上場企業が運営しているフランチャイズという点で安心感も与えられます。また、資金力を活かして、イメージキャラクターに元プロ野球選手の古田氏を起用。全国に向けて一斉に広告プロモーションをおこなうことで、認知度が上がり、集客力にも圧倒的な差が生まれます。

充実の運営サポート

運営効率を上げる施策も本部が!

ハウスドゥ!では、不動産業務に必要な情報の一括管理が可能なシステムを本部オリジナルで構築しており、加盟企業の業務効率化、コスト削減のサポートもおこなっています。このシステムは2017年5月には「IT導入補助金の対象サービス」として経済産業省から採択されました。今後、更に生産性の向上、売上拡大も見込めます。

成功ノウハウを提供

これまで蓄積したノウハウを共有!

ハウスドゥ!が創業してから一部上場を果たすまで25年。実業をする中で、数々の失敗をし、数々の成功を納めてきました。その貴重な経験をノウハウとして蓄積してきたからこそ、今日の成長があります。そしての成長はとどまる事を知らず、今や店舗数は業界No.1。常に新しい事例が全国で誕生しているので、他の不動産FCとは提供できるノウハウの質と量が違います。