Dr.関塾 先輩オーナーの声(河野 結可オーナー)

開校1ヶ月で、生徒数72名。私ひとりでは、できなかったことです。

Dr.関塾 関塾加盟教室 河野 結可 オーナー

以前は、自営の建築事務所を手伝い、パート。教育業界の経験はなし。 営業の方の対応がよかったこと、もともと塾に興味があり何らかの形で携わってみたいと思っていたこと、自分の子供を入れる塾を探している中で塾に対していろいろ思うことがあったのが、うまく重なり、『人生そんなに長くはないので、やりたいことはやっておこう』と思い、開校を決めました。

事務所の空きスペースを利用して独立を決意

自営の建築業の事務所を移すことになり、せっかくだから、その空いたスペースを利用して何か始めようと考えていたんです。

いろんな不安を解消してくれたのが安田さん

そこから先は早かったですね。私、思い立ったらすぐ行動するタイプなんですが、インターネットで検索し、すぐに資料請求しました。
その中で一番対応が早かったのが関塾。
電話がかかってきたんですけど、送られてきた資料を読むより説明してもらった方が早いからと来てもらったんです。それが安田さん。数回の訪問にわたり、FCシステムの説明や市場調査報告、物件などの相談にのってもらいました。そんなことまで聞く?という私の質問に、きっちり丁寧に答えてくださったことを覚えています。

ともに歩んでくれているのがSVの河合さん

契約後から開校、そして今も、よきアドバイザーとしてお付き合いしているのが河合さん。チラシを撒くタイミング、たとえば何曜日がよいとか、エリアの選定、チラシの内容など、すごく細かくアドバイスしてもらいましたね。反響のあった方への教育相談会にも、最初は同席してもらい、どういう風に説明すればいいかレクチャーしてもらいました。
また疑問があれば、今もその都度、電話をしています。多ければ一日3~4回ほど。でもイヤがらずに対応してくださいますし、私が困っているだろうなということを、河合さんの方から聞いてくださるんですよ。それにはびっくり。
おかげさまで、まだ始めて1ヵ月だというのに72名の生徒さんに恵まれています。

見えない部分で支えてくれているのが小森さん

関塾は業界ではめずらしく、学費の管理を本部がしてくれるんです。その管理を担当してくださっているのが小森さん。
新しい生徒さんが入ってこられたり、コース変更があったりすると連絡したり、学費合計の件でやりとりしたり。多いときは週2~3回、少なくとも週1回は電話でお話しする仲です。小森さんは教材の管理もされているので、 河合さんが外出中だったりすると、「テキストどれがいいかな?」といった相談にものってもらったりしています。いつも陰でしっかり支えてくれる頼れる存在です。
関塾のいいところは、フォロー体制のよさ。
おかげさまで業界未経験の私も、順調に塾を軌道に乗せることができました。これからも、同じ親の目線で保護者の方の不安に応えていきながら、生徒が安心して勉強に専念できる環境をつくっていきたいと思います。