浜焼太郎 先輩オーナーの声(船津 美雪オーナー)

開業5年目で週末の来店者は約100名に!47歳で会社を辞め未経験で独立

浜焼太郎 熊谷店 船津 美雪 オーナー

3人の娘の母。2人は嫁いでおり、すでに孫も誕生している。 30歳の頃から働き始め、様々な仕事を経験後に開業。

居酒屋に通っているうちに、やってみたくなったことがきっかけ

36歳のときに食材の宅配会社に入社後、独立するまでは、営業・配達の仕事をしていました。
当時は、会社で管理職を任されており、業務量、勤務時間、そしてストレスも増大。

45~46歳の頃に「居酒屋をやりたいな」と思いはじめ、
よく居酒屋に行き、マスターに話を聞いてもらっているうちに、
「私も人の話を聞いてあげられる居酒屋をやってみたい」と思うようになったんです。

浜焼き太郎を見つけたのは、開業方法をネットで検索しているとき。
当時、この辺りでは魚介類に特化した居酒屋はなく、
もちろんお客さんが自分で焼くスタイルの店はありませんでした。
浜焼き太郎なら繁盛すると思い、本部に問い合わせをすると、
渡辺社長が来てくれたことが始まりでした。

加盟の決め手は社長の情熱。プロのサポートで安心して開業できました

面談では収益やサポートなど、細かく丁寧に話していただきましたが、
その場で加盟を決めたのは、渡辺社長の浜焼き太郎に対する情熱や真面目な姿勢に共感したからです。

開業まで、いろいろなサポートを受けましたが、
中でも物件選びでは、お世話になりました。
私がいいと思っても、プロの目で見るとダメなんですね。
いくつもの物件を実際に見て、調査・分析をしてもらい、
熊谷駅から徒歩3分の、この物件に出会うことができました。

内・外装も、プロが予算や広さに合わせ最適な提案をしてくれたので、
すべておまかせし、私は研修に集中するのみ。
研修は実際の店舗で行われたので、様々な体験ができ、開業への心構えができました。

目標はこの店を常に満員にすることです!

お客さんの「うまかった、ありがとう」の言葉が何よりうれしいですね。
モットーは“おいしいものを出し続けること”。

一昨年の11月に2階に宴会場をオープンし、22席から57席に増加。
会社の宴会でこの店を知り、家族を連れて来られる方なども増え、
お客さんの幅も広がっています。
常連さんが初来店の方に焼き方を教えるなど、
お客さん同士の交流が生まれるのもセルフクック方式のメリットだと思います。
この店で出会い結婚した“浜焼きファミリー”もいるんですよ。

現在の来店者数は平日20~30人、週末は約100人で、月商は300~400万円。
もうすぐ法人化する予定。
当面の目標は、この店を常に満員にすることですね。
その先に2店舗目の開業があると思います。