ハウスクリーニング おそうじ本舗 先輩オーナーの声(砂留 正行オーナー)

やっぱり、安定が一番いいですよね!

ハウスクリーニング おそうじ本舗 おそうじ本舗古賀中央店 砂留 正行 オーナー

「おそうじ」って、昔は「お金持ち」で、「都会の人」が利用するイメージがすごく強かったんですよ。でも、始めてみたら全然違いました(笑)利用者のほとんどが、30代の子持ちの主婦のお客様や、お年寄りからのご依頼がほとんなんですよ。 また、私の地域では、「近くでおそうじが頼めるんですね」なんてことを言われて注文をいただく事が多いのが非常にびっくりしましたね。正直な実感ですけど、この仕事は、「住宅があれば、必ず注文もある」って事を身をもって実感しました!

開業した理由

前職では、「ミシン」を取り扱う会社の営業スタッフとして勤務していました。しかし、この時代ではあまりミシンの需要ってないんですよね。それでも売れるときは売れるけど、だんだんと会社の業績も下がる一方でした。「このままだったらダメやなぁ」ってことを薄々感じ始めていた時に、たまたま近くで説明会があったので、参加しました。

開店までに苦労した事

「夫婦で一緒に仕事をする」と思っていたので、自分の妻を説得するのに疲れました(笑)

開業後の苦労した事

お客様にリピートして使っていただけるように、いろいろと工夫したことですね。おそうじ本舗の場合、ある意味すごく自由度の高いフランチャイズだと思います。だから、自分がやってみたいことがある程度できるので、失敗も少なからずありましたけど、それが自分なりのノウハウになっていますね。

開業して良かった事

まず、「家族との時間が増えた」ことですね。次に「息子にも仕事を手伝ってもらえる」こともかな?自分の息子と一緒に現場作業をしていると、いろいろな会話ができます。これはサラリーマンでは絶対に経験できないじゃないですか?おかげでいつも家族円満です(笑)

最後に

飲食店や、小売業も考えましたが、流行を追いかけるよりも、地道でもいいからしっかりと安定した職種を考えました。この業界は、やればやった分だけ自分に返ってくるので、やりがいは十分にありますよ。