物件取得費が抑えられる居抜き物件

編集部

効率よく物件が取得する

新規に事業を検討する上で、店舗型ビジネスと無店舗型ビジネスの選択肢に分かれます。店舗型ビジネスの場合、加盟金や研修費、仕入れ代金の準備の他に物件を用意しなければいけません。この物件取得費に大きな費用がかかります。そこで、「居抜き物件」の活用をお勧めします。かつて営業していた店舗で何らかの理由により撤退した物件の事をいい、場合によっては厨房や什器備品がそのまま残されているケースがあるので、一から建物を建てる必要もなく、高額な厨房も全て最初から揃える必要もないので、初期投資をかなり抑えた事業立ち上げが可能となります。

本部の物件開発ノウハウを活用する

いくら居抜き物件を希望しても、情報収集方法が分からなかったり、不動産屋との人脈が構築できていなければ、ライバルが先に出店してしまいますよね。フランチャイズ加盟のメリットとして、本部からの物件紹介がサポートに含まれている場合があります。効率よく居抜き物件が取得できる可能性が高まるので、是非活用してください。